旅立ち

 作品展「ようこそ ミュルミューレの街へ」ではほとんどの登場人物に名前を付けました。
この方の名前はロレーヌ。
ドイツ国境に近いフランス北東部の地方の名前です。
ナンシーやバカラの都市がありアールヌーボー発祥の地ともいわれています。
f0329602_18144322.jpg

 舞台をフランスの田舎町に設定したのでファッションもひとつのテーマにしたいと思い
ロレーヌは洋裁工房アトリエ パピヨンの女主人としました。
推定年齢を150歳にしたのはヌーボーの時代を知っていてほしかったから。
そしてアトリエ パピヨンのお針子さんたちはこちら。
f0329602_18133512.jpg
 ロレーヌを作るにあたり技法にはとても苦労しました。
すべてをフェルトで表現したいという野望を持っている私ですが
羽の透明感はフェルトでは難しいのでオーガンジーにスパンコール刺繍をほどこしました。
上下左右表裏、計8面違う模様です。
作品展では暗くてよく見えなかったロレーヌの腹部を今だけ公開。
f0329602_18322601.jpg
 本日ロレーヌは作品展で気に入ってくれた方のもとへと旅立ちました。
今後はこの方の髪にとまってまたいきながらえていくことでしょう。
f0329602_16374594.jpg





[PR]
by urara_felt | 2014-04-23 18:50 | 羊毛フェルト | Comments(0)