シンボルツリー


ミュルミューレの街には教会前の広場に大きな木があります
そこにいつもとまって街を見下ろしている彼らは
いわば街の見張り番です

f0329602_23303707.jpg

黄色いとりはピッポ


f0329602_23313380.jpg


ピンクのとりはティキ

f0329602_23311184.jpg


ブルーのとりはルリ


f0329602_23295292.jpg


彼らのおしゃべりに耳を傾けてみましょう

ピッポ「ねえ、ギーが消えちゃったよ!部屋が空っぽになってたんだって!」
ティキ「この街はときどきそういうことが起こるね」
ルリ「こんなに毎日街を見下ろしている私たちも気がつかないうちにね!
   でも逆に急に新しい人が登場してることもあるよね」
ティキ「そうそう、そしてまるで昔からの知り合いのように暮らしているの」
ピッポ「そこがミュルミューレの面白いところなんだ!
    さあ、お茶にしよう、僕はシトラスのタルトだ」
ティキ「私はベリーのタルト」
ルリ「私はブルーベリー、みんな好きなのは自分の色といっしょね」


f0329602_07192308.jpg
(吉見作 ミニタルト各種)


f0329602_07200551.jpg
(いわいみやこ作「ギーの誕生日」より部分抜粋)


f0329602_07202145.jpg
(いわいみやこ作「ギーはどこへ」より部分抜粋)




以上で今年3月に行いました作品展
「ようこそ ミュルミューレの街へ」の解説は終了です
長らくおつきあいくださいましてありがとうございました




次回はミュルミューレ番外編006.gif










[PR]
by urara_felt | 2014-05-22 08:15 | 羊毛フェルト | Comments(0)