京都、歴史をめぐる旅


先日一泊で京都に旅行に行って来ました



当初の目的は桜を巡る旅179.png
ところが今年は例年より12日も早く桜が咲いてしまったので

急遽歴史を巡る旅に変更しました




まず訪れたのは北区紫野にある臨済宗の大本山である禅寺、大徳寺


数ある塔中のうち
今回は通常非公開の黄梅院と興臨院が公開されていました





f0329602_09075292.jpg


境内は写真撮影不可のため画像はありませんが
深緑が美しい静かな空間でした


私も含めて最近はイン○タ映えなどと
写真を撮ることばかりに夢中になってしまうことを反省🌀


静かにお庭と向き合える貴重な時間でした



それにしても目にするのは外国人観光客ばかり…
日本人観光客は何処へ…



塔中を後にして付近を散策していたらお昼になったので
次の目的地の二条城へバスで移動




f0329602_09081113.jpg



なぜ今回二条城を選んだかというと
サトザクラという品種の桜がまだ咲いているという情報を
キャッチしたからです




f0329602_09082894.jpg



私は二条城は修学旅行から数えて3度めでしたが
今回が一番感動したなあ


歳を重ねると見る眼も変わるよい例です🎵



障壁画や庭園の素晴しさに
改めて徳川家の威力を見せつけられた感じでした


二条城は観光客でごった返している割には
それ以上に広大な敷地ゆえか
庭園内のお休み処でもゆっくり休憩することができました



🔶



翌日は幕末から再び戦国の世へ


豊臣秀吉が神と祀られている豊国神社を訪れました


敷地内の一角にある方広寺には
家康の名前を分断したとして
豊臣家を滅ぼす口実にしたといわれる因縁の鐘も


「君臣豊楽」「国家安康」




この鐘が400年前からここにあるというのも感慨深いです




f0329602_09084743.jpg


境内にある宝物殿は古い木造で空気も湿っぽく
床もミシミシと音がして
まるで400年前の空気が流れているかのようでした



祀られているのは秀吉7回忌の祭礼の屏風絵に加えて
数体の甲冑や秀吉の歯などだったので余計そう感じたのかも❗



何かいそうな生々しい空間でした






















[PR]
by urara_felt | 2018-04-15 20:51 | イベント | Comments(0)