人気ブログランキング |

似せて作るということ


羊毛フェルトでペットの人形や絵を作ることはとても人気があります


私もこの春に何枚か作りました



似せて作るということ_f0329602_09351440.jpg




でも写真から作品を作ることは

実はずっと避けてきたのです


15年ほど前、父が亡くなって半年くらい経った頃に
写真から人形を作ってくれる人形師さんの番組を見ました

すぐに申し込んだ私に
今とても混んでいるので2年くらいかかるけど待ちますか…と


2年待った頃に「順番が来ました」との連絡があり
まだその気があるなら写真を3枚送ってくださいとのことでした

10日後くらいに「出来上がりました」との連絡があり

いそいそと迎えに行ったら…


工房には6体の品のよいおじいさんの人形が並んでいて
私はどれが自分の父なのか判別ができませんでした

待ち続けた時間が長かったのと期待が大きかった分
失望が激しすぎて
その時自分がどんな顔をしてどんな言葉を発したのか覚えていないのですが…
(たぶんとても失礼なことを言ったのではないかと思うのですが)

追い打ちをかけるように
「家族が見たらそんなもんですよ」の一声


確かに
その人形はある一定の角度だけは似てたのです

政治家や芸能人のように情報が溢れている人と違い
一般人の場合は写真といえばほぼ正面写真でしょう

写真に写っている部分だけ似せて他は品よく仕上げてある感じでした


でも私たちは親しい人は顔を見なくても判別できます

たとえ正面が似てても後ろ姿が違うと似てると思えないのです



似せて作るということは
似ていなかった場合にとても危険をはらんでいるのです


この時の体験がトラウマのようになり
その後に羊毛フェルトで人形を作り始めた私は
「うちのこ作って」のリクエストは断り続けて来ました


そんな私が今年の春、自宅待機の時間が長くて魔が差した106.png


そろそろ作ってみてもいいかな…



まず最初に小さい額を2枚作ったところ
とても似ているとそれは喜んでくれて少し自信になりました


その後に創作帯を作っている友人に声をかけて
彼女たちのペットの写真を送ってもらい
羊毛刺繍のピースを作りました


その刺繍のピースを使って独自の帯を作っていただき

2月の作品展で展示する予定です


そしてもしご希望の方がいたらオーダーも受けてみようと思ってます




















by urara_felt | 2020-10-29 18:37 | 羊毛フェルト | Comments(0)