薔薇と猫と天使


辛子色に大きな薔薇の小紋を着ました

辛子色×黒ではない墨黒のような色
この着物、色実が少ないのが難しいのかコーディネートに迷っていたのです


先日の着物の整理の際に
たまたま隣にいた帯とハギレがピッタリだったので閃きました113.png




f0329602_22125334.jpg




どっちも長くうちにいたのにやっと出会いました162.png




徹底的に色味を統一



f0329602_22190587.jpg




こんなちょっと粋になりそうな半襟も
私がすると絶対粋にはならないので安心して使えます105.png





前には猫が出ないので天使を持ってきました



f0329602_22130783.jpg




羽織を着たので猫は中に隠れてしまいましたけど~105.png


出かけた先は六本木ビルボードのセルジオメンデス169.png
ブラジル風ではないけれど洋風に仕上げたのでした

今度ブラジル風というのも試してみたい102.png



177.png




ところで、この日ではないのだけれど
先日久しぶりに「お直しおばさん」に遭遇しました


羽織の襟がうまく折れていないことに出先で気づき
トイレの鏡で直していた時のことでした



(注)お直しおばさんとは…
主にホテルやレストランのトイレに棲息し
着物を着ている人を見つけるや背後より近寄り
いきなり無言で帯などを直す人のこと

驚いて振り向くと圧倒的に親切そうな笑顔で自分の行為を正当化する
そして必ず本人は着物は着ていない


類義語に「着物警察」という言葉があり
それは着物を着ている人のコーディネートや着方を批判する人のこと

若い人の中にはせっかく着物に興味を持っても
それで着物を着ることをめげてしまうこともあるらしい



いつかお直しおばさんをぎゃふんと言わせてやりたいと思いつつ
いつも驚いて唖然としているうちに
その親切そうな笑顔にやり込められてしまうのでありました120.png











[PR]
# by urara_felt | 2018-11-14 22:45 | 着物 | Comments(0)


タペストリーより小さめのピクチャーです


初めての静物画に挑戦
秋の果物モチーフです169.png



製作過程を段階を追って




最初は何だか白いモクモクとした固まり



f0329602_21414219.jpg



左手前は柘榴
右手前はイガ付きの栗
奥中央は無花果


果物の中でも少し和風な物を選んだ理由は…


柘榴のツブツブ❗

栗のイガイガ❗

無花果の種❗


ただもうそれを作りたい一心104.png


f0329602_22064619.jpg





いつもながら石橋を叩く前に渡り始めてしまうので

下描き、下地練習は無く即本番💦


作りながら栗のイガイガをどう表現しようかと

考えるだけでワクワクする💕



ちょっとずつ進んでいます🎵




f0329602_12205067.jpg





順調順調🎵
完成まであと一歩です





f0329602_08463242.jpg




光と艶を足して出来上り💕



f0329602_12371496.jpg





アンティーク着物でも人気の果物柄です
どうも私の発想はそこから来ているようですね





こちらの作品も
「羊毛フェルトで描く和の花といきものたち」で展示します











[PR]
# by urara_felt | 2018-11-13 12:54 | 羊毛フェルト | Comments(0)