カテゴリ:羊毛フェルト( 270 )

さあ目覚めなさい


昨年の個展「和の花といきものたち」のために
2年以上も冬眠していた彼ら


ついに目覚めの時が訪れました❗




f0329602_07545818.jpg


オッドアイの白ネコのファミリーとか
ちょっとソウルなシスターズとか
眼鏡をかけた古本屋の店主とか
何か悪さを企んでいる兄貴とその子分とか



すでに役割が決まってそうな人と
これからの人



どんな風に転回していくのか私も楽しみです🎵



by urara_felt | 2019-01-14 07:57 | 羊毛フェルト | Comments(3)

新年フェルト初め


今年の干支にちなんでうり坊を作りました



お庭をお散歩です


f0329602_09165230.jpg


新年の明るい陽射しを浴びています




f0329602_09171269.jpg



元になったのは6年前くらいに作ってあったもの


今回手直しして完成させました




さて本格的な作品作りは少しお預けにして…


作りたいテーマは大体決まっているけれど
しばらくは情報収集のため
いろんな物を見たり聞いたり読んだり…


またフェルトのスキルアップのために
フェルト以外のことをチャレンジしたいと思います





by urara_felt | 2019-01-05 21:01 | 羊毛フェルト | Comments(0)


新しい年が明けて早くも3日経ちました


昨年の作品展の作品を使って
新年の飾りつけをしてみました



f0329602_19484554.jpg


有り難いことに四季のテーマのうち、冬から春にかけての作品は
それぞれ気に入って下さった方のもとへ旅立ち
私の手元に残ったのは夏から秋にかけての作品ばかり



唯一お正月っぽいかなの連獅子です💛





そしてこちらは
初心忘れるべからずの…



f0329602_19402573.jpg



私が羊毛フェルトで初めて作ったメロンパンです












by urara_felt | 2019-01-03 22:45 | 羊毛フェルト | Comments(0)

鶏頭の海を泳ぐ


作品展用のタペストリーです

作品展の時は正月から順に四季の作品を展示しょうと考えておりますが

ここではまず旬の作品から紹介します


秋まっさかり


f0329602_18355698.jpg



これ、いつか前に部分だけアップしたことがあったかもなあ~



葉鶏頭です110.png




事前にこの作品画像を見せた知人の反応は

「何これ?」



モソモソの妖怪ですよっ⚡と開き直ってみたものの…



葉鶏頭に見えるように修正しました



手直ししたら葉鶏頭に見えるようになったかなあ








by urara_felt | 2018-11-17 21:17 | 羊毛フェルト | Comments(0)


タペストリーより小さめのピクチャーです


初めての静物画に挑戦
秋の果物モチーフです169.png



製作過程を段階を追って




最初は何だか白いモクモクとした固まり



f0329602_21414219.jpg



左手前は柘榴
右手前はイガ付きの栗
奥中央は無花果


果物の中でも少し和風な物を選んだ理由は…


柘榴のツブツブ❗

栗のイガイガ❗

無花果の種❗


ただもうそれを作りたい一心104.png


f0329602_22064619.jpg





いつもながら石橋を叩く前に渡り始めてしまうので

下描き、下地練習は無く即本番💦


作りながら栗のイガイガをどう表現しようかと

考えるだけでワクワクする💕



ちょっとずつ進んでいます🎵




f0329602_12205067.jpg





順調順調🎵
完成まであと一歩です





f0329602_08463242.jpg




光と艶を足して出来上り💕



f0329602_12371496.jpg





アンティーク着物でも人気の果物柄です
どうも私の発想はそこから来ているようですね





こちらの作品も
「羊毛フェルトで描く和の花といきものたち」で展示します











by urara_felt | 2018-11-13 12:54 | 羊毛フェルト | Comments(0)


先日作ったあかね色のマットに絵を描きました




f0329602_11500679.jpg




コスモス畑ってなんとなく感傷的になってしまうのはなぜでしょう


別にコスモス畑に特別な思い入れがあるわけではありませんが105.png



なんとなく胸がキュ~ンとなってしまいます



そこに渡り鳥
気持ちがざわつくモチーフです




絵でも写真でもない
フェルトという手法でざわつく気持ちを表現できるか



挑戦です❗

by urara_felt | 2018-10-05 12:07 | 羊毛フェルト | Comments(0)

あかね空のマット


夕焼け空をイメージしてフェルトマットを作りました



f0329602_15153461.jpg




先日日本画を習いに行ったときにちょっと感じたこと


羊毛フェルトって理論ってないなあ…


あ、でも科学はありそうね


羊毛繊維が固まるのは熱と摩擦です
それだけ❗

その手段が専用針でチクチクするか
熱い石鹸水をかけてゴシゴシするかということ

羊毛繊維といっても羊の種類によって性質が違うから
(短毛だとか長毛だとかカールしているとか…)

その特性を理解してフェルト化の段階を見極め

思い通りの形に仕上げていく作業です




この夕焼け空の繊維は固まりにくかった120.png
以前だと途中であきらめて固まらずに失敗していました


少しずつだけど進化しているんですね



さてこの後、ニードルで絵を描きます

何を描こうかな…101.png


そうね、コスモス畑に渡り鳥とか🎵






by urara_felt | 2018-09-30 13:38 | 羊毛フェルト | Comments(0)

葡萄栗鼠文を検証する


日本には植物と動物を組み合わせた文様がよく見られます


例えば
梅に鶯、竹に雀、柳に燕などなど


そしてリスの場合はブドウ
いわゆる葡萄栗鼠文です

中国や日本において古来から陶磁器や蒔絵などに多く見られます
アンティークの着物や帯でも人気殺到の柄です

ではなぜリスにブドウなの?

諸説には多房であるブドウと多産のリスを合わせて子孫繁栄を表したのだとか


でも多産だったらリスよりネズミだろうし
リスはブドウよりどんぐりや木の実の方が好きそう109.png

まあ、そこんところはネズミよりリスの方が可愛いし
木の実よりブドウの方が視覚的にきれいだから…
といったところがほんとなんじゃないかという説もあります


言われてみたら…過去の名品にケチをつけるつもりはないけど
葡萄栗鼠文のリスはまったくブドウには興味がなさそうで
完全にデザインと化しているように見えます


といったところで
今回はやたら文章が長くて、やっと私の場合


私は今まで羊毛フェルトでたくさんリスを作ってきたし
これからもきっと新しい仲間を増やしていくでしょう



今回は和のシリーズの一貫として

私なりの葡萄栗鼠文を作ってみました




f0329602_21321711.jpg



私のリスは食いしん坊なのでブドウもきっと好き162.png








by urara_felt | 2018-09-28 20:16 | 羊毛フェルト | Comments(0)

月夜の彼岸花


暑いのがようやくましになったと思ったらもうお彼岸です
そういえば日が暮れるのがだいぶ早くなりましたね…




そして時期が来たら必ず咲いて季節の変わり目をおしえてくれる彼岸花




彼岸花をフェルトで作りたいという思いは早くからあって
これは結構初期の頃に作ったピクチャーです




f0329602_09371555.jpg




ここに何か生き物がいた方が絵が締まると思い

後から付け足しました




f0329602_09373412.jpg

by urara_felt | 2018-09-23 11:04 | 羊毛フェルト | Comments(0)

鶏頭の色


前回は生花の鶏頭の花の記事でしたが
今回は私の羊毛フェルトのウールピクチャーです




f0329602_12480603.jpg



葉鶏頭にトンボです


前回投稿した鶏頭の色とほぼ一緒なことに気づきました
(こちらの方が先です)


きっとこの色の組み合わせが好きなんですね💕



ところでこの画像を見せた人からは必ず

「何、これ?」という反応が返って来ます

「葉鶏頭です」と答えると「きょとん…」


実際の葉鶏頭はもっとすっとしたイメージなのかもしれません


これはぼてっとしてるし、もそっとしてるし

ちょっと妖怪の様だったりもします105.png



作品は作者に似るって言うけど…💦





by urara_felt | 2018-09-18 12:32 | 羊毛フェルト | Comments(0)