人気ブログランキング |

カテゴリ:ハンドメイド( 218 )

一日ちくちく日


秋の三連休
二日間は着物でお出かけして
三日めは終日家でちくちくしてました


ちょっと前に大大大断捨離大会を行った反動で
家にいてももう片付けはしたくな~い😅

それに片付けで発掘されたお直し予備軍の着物たちがいっぱい


一日時間が取れる日は年に何度も無いので貴重です🎵



まず袖丈伸ばし候補の三枚




さて和裁の経験の無い私

正式に袖丈を直す時には袖をはずすの❔
そんなことも知らずに調べもせずにガンガン進む

はい、石橋は叩く前に渡る性格ですから💦




f0329602_10424811.jpg



左のはアンティークの黃八と言われて買ったけど確証がないので
お金をかけずに自分で直すことを決断した物
袖丈41センチから58センチへ


中央は表地はアンティークみたいだけど袖が短く切られていた物
羽織にも帯にも長襦袢にも転用できなそうな柄と生地だし
しかもフリマでも売れないし、これを可愛いと思うのは私だけ❔❔
ならば私が着るしかないかと思うに至り
袖丈41センチから45センチへ
裏地が5ミリ程足りなくなったのはうまくごまかした…つもり


右のは結城縮みで合っているんじゃないかと思われる物
袖丈41センチ56センチへ
やはり裏地の縫い代3ミリの限界まで伸ばす💦




最初の一枚は時間かかったけどコツを掴んだらするすると進み
順調に三枚を仕上げることができて、さらに時間が余りました🎵


なので道行きの修理もできました



f0329602_10425434.jpg


さらに付け帯にする予定の帯の裁断までできました




三度の食事の仕度以外は一日中ちくちくしてました❤️

ダイニングテーブルが作業台なので
途中中断は余儀なくされるのですが~


何か作っていれば充実感のあるしあわせな日✴️





by urara_felt | 2019-11-05 12:41 | ハンドメイド | Comments(0)

熱帯魚の扇子


8月に行われた「お江戸日本橋夏稽古」にて
和紙に絵付けをするワークショップに参加しました




講師の中村かをるさんが用意してくれた
数種類の切り絵の中から好きな絵を選んで

台紙の上に型を置いて絵筆で彩色していくという
ステンシルに似た技法です


私が選んだ絵は熱帯魚🐠



専門の方に扇子を仕上げてもらうのを待って
やっと手元に届きました~🎵





f0329602_10214620.jpg



切り絵なのに…
ちゃんと型紙があるのに…



出来上がったおさかなさんは私が作る動物たちに似てるような⁉️




f0329602_10220092.jpg


不思議ですね




急に寒くなりこの扇子が活躍するのは来年になるようですが



お気に入りの一品になりました❤️



by urara_felt | 2019-10-18 12:48 | ハンドメイド | Comments(2)

感動のリバティ裏地


まだ消費税が8%だった頃、ユザワヤに行きましたら
リバティの裏地を売っているのを発見しました


は、は、初めて見た153.png
店員さんもそう言っていました❗

今年初めて出てきたそうです



f0329602_09461872.jpg




素材はキュプラ
よくコートの裏地に使われているやつですね


紳士物のテーラー生地のコーナーに置いてありました


数種類、全部買い占めたい気持ちをお・さ・え・つ・つ
この2枚を購入❤️



きゃー、どーーしよーーかなーー110.png

浮き立つ心💦


上のイチゴ泥棒の生地は着物のインナーにしようかしら101.png
変え袖とペチコート(裾除け)なら自分で作れるかもしれない


シンプルな紬の袖口からイチゴ泥棒が覗いたら…と
わくわくする102.png


そーいえばイチゴ泥棒の復刻帯を持っているんだった❤️




下の孔雀の羽はウールの生地を買ってきて

着物コートでも作ろうかしら


こちらは自分で作れないのでお仕立てを頼むようになるから
今のところ想像のみでわくわく😃💕













by urara_felt | 2019-10-06 07:54 | ハンドメイド | Comments(0)

夏に作ったピアスたち



夏の終わりに作ったピアスの第2、第3彈をまとめて


どうも着物のネタになるとなんだかんだとストーリーを作って
文章が長くなってしまいがちなので(時間のある時にしか書けない)105.png
アクセサリーの方はあっさりと画像中心で




ナチュラルでエスニック調のふたつ



f0329602_12374562.jpg



着用スタイルはこちら



f0329602_09395691.jpg



おっと、髪に隠れてしまいました





ナツ…だったので
熱帯魚を意識したピアス



f0329602_09401253.jpg




おさかなそのもののピアス


f0329602_09412069.jpg







by urara_felt | 2019-10-02 09:47 | ハンドメイド | Comments(0)


トンボ玉とトルコ石…のようなビーズを繋いでネックレスを作りました


少し太めのテグスに通しただけです

後ろ半分は軽さ(重量、イメージともに)を出すためにブレードにしました
留め金具は付けずにすぽっとかぶるだけ102.png



f0329602_21440008.jpg




ちょっとエスニック調です
今年流行なんだって~128.png



f0329602_21403261.jpg





このトンボ玉と薔薇の刻みのトルコ石はフェイクですが
とてもよくできています162.png



ところで前回の話の続き
私が夢中になってきたものの変遷105.png

最初に興味を持ったのはガラス装飾
ラリック、バカラ、ガレ、ドームなど

ヨーロッパの陶磁器のカップ&ソーサーやお皿を見たり
ジュエリーは華やかな物よりシルバーのマルカジットが好きだとか…

結婚して自分で料理を作るようになってからは和骨董に移り
やはり華やかなものより江戸後期のシンプルな線描きが好きだわ…とか

アジアの布に夢中になった時は
タイ、カンボジア、ミャンマーなど、布を見て特徴がわかるように

インディアンジュエリーに夢中になった時は
ターコイズの種類から鉱山の歴史まで調べようとした



アンティーク着物に出会った時に

それらのすべてが合体しているんだと感動しました💥



そうして20年経ちました



他にも
ガーデニングに凝った時は一生懸命花の名前を覚えたり


料理に凝ったらスパイスの種類や用法を調べあげたり





あ、、、、、、最近そういうことしてない💦



歳のせいかしら…それもあるかもしれないけど

ネットが普及していつでも簡単に何でも調べられてしまうから


とりあえずその場の疑問が解決するから追及しなくなるのかもしれません⤵️





なんでこんな話になったのかというと…
トンボ玉、私の最後の(今のところ)最大の興味の対象なのです


歴史も古いし奥が深そうで興味津々❤️

年代や産地がわかるようになったら楽しいね


でもコレクションには高額過ぎるから

フェイクあたりで楽しんでおくのが無難かもしれないです💦











by urara_felt | 2019-09-20 12:26 | ハンドメイド | Comments(0)


季節の移ろいにせかされるように
夏の記事をせっせとアップしないと…と焦ります


サークル模様のカットレースのはぎれからブラウスを作りました



f0329602_12382544.jpg





今回は生地が厚めだから袖を付けました


その分、身頃の幅が足りなくなってしまったので

脇で三角形に足しています


f0329602_12380865.jpg



衿と袖口はソレイヤードなバイアステープで楽ちん始末
真っ白じゃなくてあえて色を足しました

もう少し何か付けたいなと思って

今年の西武池袋「私の針仕事展」で買ってきたレースの詰め合わせ袋に入っていた
花モチーフの飾りとトランプのビーズモチーフで飾りました🎵


トランプはポケットのようにコの字に付けたのでスカーフが入ります169.png



f0329602_12383580.jpg



自分で作るとすぐにでも着たい❤️



f0329602_19540471.jpg




ところで


今回も型紙を使わずに作っています

スカートの回で解説した通り、長方形からの裁断です

私が型紙を使わずに服を縫えるのは
若い頃、独学で本を読んで原型からパターンを起こして服を作っていたからかもしれないです


同じようにビーズも羊毛フェルトも独学
とにかく本を読んで研究して試行錯誤で作ってきた


結局それが苦にならないほど好きだったってことかな







by urara_felt | 2019-09-18 20:25 | ハンドメイド | Comments(0)

クリスタルなピアス


さーて今回は久々のアクセサリー作り


以前は(老眼になる前は)よくビーズワークをしていたのですが最近はご無沙汰105.png

人工的なビーズはホールがしっかり開いているのでまだよいのですが
天然石になるとほんとに穴開いてるの…って感じで見えない103.png
それに細いテグスも手先のコントロールが難しいわ…とほほ


でも骨董市でヴィンテージのアクセサリーパーツなどを見るとうずうずしてしまい110.png
家にあるスワロの残りなどを寄せ集めては年に1回くらい作ってます


大体夏が多いかな~162.png


今年は今のところ出来上がったピアスが6つ
あとは寄せ集めでつなげたネックレスが3本くらいできるかな


自宅在庫処分に努めてます
まあ保管場所が移動するだけで処分にはなっておりませんが152.png



まずクリスタルなピアス2本です



f0329602_12373705.jpg




上は赤と緑のちっちゃいベネチアンビーズ162.png
赤のビーズを足してスイカっぽいイメージ


下は大好きなトルマリンにクリソプレーズ








by urara_felt | 2019-09-15 10:14 | ハンドメイド | Comments(0)


ハンドメイド、着物、ハンドメイド、着物、時々羊毛フェルト


そんな感じで記事を更新しています


今回は久々に作ったトートバッグ


f0329602_21325012.jpg




生地はリバティのキルティングです

生地が厚めだから裏は無しにして
マチを付けてファスナーを付けて…と


結構設計が難しかったです160.png


そもそも作り始めたのは2年くらい前
2年前にいっしょうけんめい考えてしつけをかけるまでしておいたもの


今回は何も考えずしつけのまま縫うだけでできました102.png



可愛いポイントが4つ162.png



f0329602_21314405.jpg




持ち手の紐に縫い付けたレース
横に渡したヴィンテージレース
青とオレンジのツートンファスナー
そっと付けたイニシャル



たくさん入って実用的です169.png










by urara_felt | 2019-09-12 15:04 | ハンドメイド | Comments(0)


私はグレンチェックが大好きです
夏でも冬でも、オンでもオフでもよく着るのでたくさん持ってます


今回はちょっとワイド過ぎると感じてきたパンツをリフォームしました

ここ3年くらい続いたワイドパンツブームもそろそろ終焉に近いと感じているので…



で、こんな感じ🎵製作途中です


f0329602_11412683.jpg





案のひとつは丈を短くしていわゆるキュロット型にするという方法
そしてもう一つが裾にゴムを入れてバルーンパンツにする方法


切るのは後でもできるので今回はバルーンパンツにしました



f0329602_11410627.jpg





元の裾幅は35㎝、それを30㎝に縮めました
たった5㎝でずいぶん感じが変わるものですね


これが5㎝マジックです102.png


そして3㎝マジックとは…

裾に入れたゴムの幅が3㎝なのです106.png

先日のスカートの作り方の時にも解説しましたが
この3㎝幅のゴムというのがおしゃれに決まる重要ポイントでして

これより細いとパジャマパンツっぽくなってしまうような気が…



さて完成したバルーンパンツを
仕事の時にはいて行こうと思いましたが(左)バルーン度が過ぎたため断念105.png

まずはお休みの日にはいて様子をみてみました(右)


f0329602_20070750.jpg






結構いいかも、何といっても履きやすさは抜群162.png

…ただ道で工事現場のお兄さんとすれ違ったときに
妙にシンパシーを感じてしまったのでした104.png

















by urara_felt | 2019-09-07 09:42 | ハンドメイド | Comments(0)

すべては長方形から


自分で作った服を着て出かけると
「型紙はどうしているの?」とよく質問されます


私は型紙は使いません
布に直接線を引いてしまいます105.png

チャコペンシルを使えばよいけど鉛筆の時もあるし~
おすすめはできないけどボールペンでいっちゃうときも136.png

(…そういう時はややラインの内側を裁断するようにしてますが)

自分の服の時も人形の服の時も始まりは長方形から🎵


リクエストがあったので一番簡単なウエストゴムのギャザースカートで説明します

布の必要量は幅110cm以上の生地なら約90~100cm
やや厚めの生地なら裏地を付けなくても大丈夫です

ウエストには幅3㎝のゴムを使います


f0329602_20240494.jpg



えっ、手描き…129.png
あまりにもいいかげんでおはずかしい…けど続けます

まず生地を縦半分に切ります❗



それから左側を わ にして生地を半分に折ります
①は好みのスカート丈+ウエスト縫い代5cm+裾縫い代6cm
横幅は好みですが私の場合いつも生地幅いっぱい☺️

脇線は上側を5~7㎝カットして裾まで斜めに線を引き
ウエスト中心は1㎝下げて自然に脇までつなげ
①と②の長さが同じになるように脇の裾線をカットします


同じ大きさのが二枚できます

f0329602_20242125.jpg



二枚を中表にして脇線を縫います
縫い代幅は2.5㎝くらい



縫い代の始末は次の3つの方法があります

左から端ミシン
中央はロックミシン
右は切りっぱなし

f0329602_20243442.jpg




私の場合、ほつれやすい生地の場合は端ミシン
そうでない場合は切りっぱなしです
布用ボンドという手もあります



f0329602_20250680.jpg




ここで初めてアイロン登場

脇の縫い目を割った後、裾とウエストを3つ折り


裾の縫い代分は6㎝にしたので3+3、4+2、5+1いずれかで3つ折り
ウエストの縫い代は5㎝にしたので4+1で折ってアイロン


点線の3か所のラインにミシンをかけます
ウエストの下のラインはゴム通し口として10㎝くらい残します


f0329602_20252848.jpg



ああ、こんな図でわかるだろうか💦




ゴムはこういう挟む器具があると便利
通したあとは張力がかかる部なのでミシンで縫って割っておきます



ゴムの長さはその方のウエストサイズに合わせて☺️

実際に巻いてキツすぎず緩すぎずで長さを決めたら+縫い代5㎝足してね



f0329602_21270773.jpg




最後にゴム通し口として残した10㎝くらいを手縫いでかがって出来上がり



ミシンというと曲がることを極端に警戒する人がいますが

ギャザースカートの場合、縫い目は目立たないので

曲がっても全然大丈夫です🎵


私はしつけをかけずにマチ針で数本止めて

ミシンの台に刻んである1㎝単位の目盛をガイドに縫いますが


自信の無い方、丁寧に作りたい方はしつけをかけても❗


ただしつけをかけると、後ではずすという手間が増えますが…

(それにね、しつけをかけたって曲がるのよ😅)




以上




こんな説明でわかるかなあ…119.png
たぶん多少心得のある人にはわかってもらえるのではないかと期待します














by urara_felt | 2019-09-02 09:07 | ハンドメイド | Comments(0)