カテゴリ:イベント( 111 )

紅葉を求めて②京都編


2018年秋の旅行3日目は京都です


くろ谷さんと呼ばれる金戒光明寺が特別公開をしているので行きました



f0329602_20554398.jpg




ここでもまず石段登り


連日の山寺の石段登りで目が慣れたせいか
整備された石段を見ても拒絶反応はなく
「昨日もできたので今日もできる」という妙な自信166.png

これはもう旅行というよりトレーニングか105.png


そして特別公開の一つの山門へは両手でロープを掴んで急階段を登る…
私の場合、着物で優雅な旅行というのはあり得ないようです141.png


もう1つの特別公開の御影堂の中では運慶作といわれる彫像や
若冲作といわれる群鶏図を間近で鑑賞したあと、お庭へ


美しいお庭でした💕



f0329602_20572915.jpg





三重塔へ上る石段(❗)の途中にあるアフロ地蔵は最近人気らしい101.png


f0329602_20580022.jpg




f0329602_20583196.jpg




金戒光明寺の裏から真如堂へ抜ける道は人影もなく静かに散策できました




今回の旅で最高だった真如堂のもみじ169.png



f0329602_20590132.jpg




年々観光客が増加する京都
京都駅や四条通の混雑に辟易し、もう京都はいいやと思ったりしますが


朝早く出かけたりルートを工夫すれば
まだまだゆっくりできる場所もあると思いました


ガイドブックのすみっこだったり、たまたま読んだ小さな記事から

お気に入りポイントを発掘する楽しみがありますね







もう京都駅のJR伊勢丹はクリスマス


f0329602_20592684.jpg






[PR]
by urara_felt | 2018-11-25 09:36 | イベント | Comments(0)


今年の秋の旅行は滋賀から京都を巡りました


まずは米原駅で新幹線を降りて周遊バスに乗り
湖東三山の三寺(金剛輪寺、西明寺、百済寺)プラス永源寺へ



f0329602_20355526.jpg




f0329602_20370636.jpg



交通の便を考えて個人で回るのは大変だと思い
周遊バスに乗ったのですが…

それはそれで大正解だったのですが…

どのお寺も門から本堂まで100段以上の急な石段が
もれなく付いてきました135.png

それも整備された階段ではなく荒削りの石段

本堂へ行くためには…上るしかないし…
足元ばかり気にして写真を撮る余裕すらありませんでした137.png


紅葉は…血染めのもみじといわれるほど赤一色ではありませんでしたが
五色に染まった山寺らしい風情がありました


永源寺は茶店なども並んでいて一番観光地っぽく賑わってました



f0329602_20372780.jpg





2日目はこれも楽しみにしていた琵琶湖クルーズにて
日本遺産 竹生島へ

竹生島は琵琶湖に浮かぶ小島の一つでパワースポットともいわれ
宝厳寺と都久夫須摩神社があります



やはりここでも125段の石段



f0329602_20380538.jpg



あいにくのお天気でしたが幸いにも島に滞在した一時間は降られませんでした

なんとなく雲までも神々しいな…


f0329602_08300590.jpg





連日の石段登りで疲れた体に癒しの宿のぬいぐるみ162.png



f0329602_20382547.jpg





さて3日目は京都です







[PR]
by urara_felt | 2018-11-24 09:54 | イベント | Comments(0)

目黒のホテル雅叙園で行われている

百段階段×いけばな展を見に行きました



通称百段階段とは
昭和10年に建設されたホテルの当時の木造建築で
東京都有形文化財にも指定されています

季節に応じて色々なイベントが催されていますが
今はいけばな展が開催されています



近代建築のホテルの玄関を入るとすぐ左側に

ドアも内部も螺鈿細工で激しく装飾された唐獅子牡丹のエレベーター⚡

上がった先に別世界が広がっています


階段で繋がれた七室には昭和を代表する彫刻家や画家の作品が
壁にも柱にも天井にも所狭しと❗❗


会期中はそれがすべて撮影可能なのです🎵

いけばなも各種流派が1週間ごとに展示変えをするそうです



f0329602_08094766.jpg



f0329602_08100104.jpg


f0329602_23491941.jpg



いけばなは圧巻でした🎶


ただ写真に撮るといけばな作品が巨大すぎるのと
部屋が暗いので上手に取れませんでした120.png



ホテル雅叙園は中を歩くとあちこちで驚くのですが
一番度肝を抜かれるのは1階のトイレでしょう

この日は平日で人が少なかったので入り口を撮ってみました
(休日はこのトイレはすごい行列です)


f0329602_08103502.jpg




向かって右側が男性用、左側が女性用

中に入ると橋があります❗

橋を渡った先に5個の個室があり
個室のドアにも螺鈿細工がもりもり~106.png




この日は着物で行きました
いけばな展なので花模様、季節柄菊の小紋で


f0329602_08085392.jpg



コーディネートについては次回に✨






[PR]
by urara_felt | 2018-11-05 09:06 | イベント | Comments(0)

「きものもののその参」


今月末に楽しみにしているイベントがあります



「きものもののその参」



f0329602_22072204.jpg




創作帯やガラスアクセサリー、刺繍、織物など
7名の作家さんの着物まわりのカワイイ物、きれいな物がたくさん💕


ワークショップもあるようです🎵


ギャラリーフラスコさんは畳があって
美味しいコーヒーをいただきながらゆったりできます



ぜひお出かけください



f0329602_22111754.jpg



詳しくはfacebookを見てくださいね

創作帯の中村かをるさんのブログはこちら💕
https://kkkaoru.exblog.jp


[PR]
by urara_felt | 2018-10-19 12:49 | イベント | Comments(0)

物欲のち目の保養


昨日は二つのイベントをハシゴしました



f0329602_10570300.jpg




まずは中之島きものいちへ

関西のきものやさんが集結して年に2回開催されていたイベント

2006年から開催されて大好きな催事でしたが今回が最終回でした


それぞれの店の垣根がなくて、お客さん同士も和気あいあいとしていて
とても楽しかったので残念です


最終日でしたがご挨拶も兼ねて行ってきました
今後全員集結はないけれど単独では東京に来てくれるとのことで
ちょっとほっとしました110.png





さてどっぷりとアンティーク着物にまみれたあとは
都営大江戸線に乗って門前仲町→大門へ移動


東京都美術倶楽部で年1回開催される東美アートフェアへ



f0329602_11002262.jpg






こちらは全国100店舗以上が集まって
古今東西の美術品を販売するフェアです

物欲などは超越するので、かえって安心して見れます~105.png


自分では買うことが無いであろう茶道具や掛け軸などをしっかり鑑賞

織部や美濃、瀬戸などの器も
美術館に展示してあるのとは違った目線でじっくりと見ます


今回一番目が162.pngになったのは明治時代の雪華模様の香箱
雪の結晶好きの私としてはしばらく離れることができずにため息物でした113.png






浦上蒼穹堂さんのブースを撮影させていただきました



f0329602_11014340.jpg





f0329602_11020890.jpg




<陶仏座像 中国唐時代初期>






この催事は茶道具が多く出展されており

ビルの2階に茶室もあることから(展示は1,3、4階)
お着物姿のご婦人を多く見かけます


色無地や紬に更紗の帯を締めた正統派のいでたちの方が多いのですが
私はいつもアンティークで169.png
でも質は落とさぬようきれいめにと気は使ってます105.png


次回はその着物コーディネートを…









[PR]
by urara_felt | 2018-10-15 12:07 | イベント | Comments(0)

江戸琳派をカジる


NHK青山文化センターにて
日本画の3回講座を受講しました

講師は日本画家の西野正望先生



題材は江戸琳派の名作、鈴木其一の「朝顔図」です



これは完成図

初めての日本画です🎵




f0329602_22181131.jpg




今回のはたった3回のお試しコースですから

カラーコピーした朝顔図の絵の中から
気に入った部分を取り出して色紙にトレースし

先生に調合していただいた岩絵具で彩色するというものでした





これは2回めの講座終了時点の図で
左が見本のコピー、右が製作途中の絵です


通常の4分の1の金色の色紙に描いています💕



f0329602_22201227.jpg




私は岩絵具に触れたのが初めてだったので
西洋の絵具とまったく違う感触で新鮮でした


日本画の特徴的な色である胡粉、緑青、群青、金泥
すべてに触ることができて嬉しかったです

これから日本画を鑑賞する上での参考になりそうです





もちろんたった3回で日本画がわかる筈もなく

今回参加した目的は
羊毛フェルトで和をテーマにした作品を作っていくうえで
何かヒントを得られればと思ったのです





ヒントが得られたか…どうかわかりませんが
新たなアイデアは浮かびました🎵






最後に

3回講座を一緒に受講した5人の作品を並べました



f0329602_22202635.jpg





一番右側が私の絵です








[PR]
by urara_felt | 2018-09-26 22:20 | イベント | Comments(0)


いよいよ今週末にせまって来ました
「アンティーク・ファブリックとお気に入りの帯」


ヴィンテージのハンカチーフや布たちを
和の布とパッチワークしたり刺繍を加えて創作した帯を展示販売するイベントです


出展の作家さんから画像をいただきましたのでご紹介します





<高橋郁子作>  



f0329602_23224031.jpg




<井上玲子作>


f0329602_23220583.jpg





<あずさらさ作>



f0329602_23214455.jpg




どんな着物に合わせようか考えるだけでもわくわくします162.png

渋い紬でもアンティーク着物にも合わせられそうです




しかも
これはほんの一部だそうですよ113.png


会場ではヴィンテージファブリックやハンカチも展示されていて
それらの布を選んで各作家さん達に帯をオーダーするサービスもあるそうです169.png




「アンティーク・ファブリックとお気に入りの帯」

9月1日(土)~9月9日(日)12時から19時 最終日17時まで

東京都中央区銀座1-9-8
奥野ビル6階607号室  サロンドゥラー



 




[PR]
by urara_felt | 2018-08-29 09:48 | イベント | Comments(0)


赤坂迎賓館にて藤田嗣治の天井画を展示しているというので
見に行って来ました




残念ながら迎賓館の内部は撮影禁止ということなので
ここでは迎賓館の建物外部の写真のみです




それでも初めて訪れた迎賓館💕




f0329602_20241467.jpg


ここはフランスかイタリアかと思わせるような西洋建築

建物内部も天井に柱に壁に床に調度品にと
どこも細部まで手を抜かない装飾に目を見張るばかりでした





f0329602_20254217.jpg



どっぷりと西洋の雰囲気の中に
兜や琵琶などの和のモチーフが盛り込まれています


素晴らしいと見るか違和感があるかと見るかは人其々でしょうけど
私はもっと和が強調されてもいいのにと思いました




でもそれはこの建物が造られた時代背景だったのでしょう
最近造られた京都迎賓館には日本の美が詰まっているようです💕
(見にいかなくちゃ❗)





こちらは主庭の噴水です




f0329602_20243188.jpg


庭も西洋の庭の特徴であるシンメトリーなデザイン
花は無く、松と芝生だけの緑の庭が涼しげでした





「花鳥の間」に飾られている七宝の壁飾りの絵葉書を買ってきました
私の今のフェルトのテーマにピッタリで参考になります💕




f0329602_11120439.jpg



🔸



赤坂離宮の藤田嗣治天井画展は8月28日までです



今年は藤田嗣治没後50年ということで
あちこちで展覧会が開催されていますね


先日訪れた箱根のポーラ美術館でも特別コーナーがありました
東京都美術館の藤田嗣治展(10月8日まで)も行かなくちゃです🎵


















[PR]
by urara_felt | 2018-08-25 08:20 | イベント | Comments(0)


今年の春、いっしょに着物フリマをした仲間から
素敵なお知らせが届きました🎵



f0329602_22460697.jpg


ヴィンテージハンカチコレクターの小野寺かおりさんと
高橋郁子さん、井上玲子さん、azusarasaさんの
3人の帯作家さんとのコラボレーションの楽しいイベントです


ヴィンテージのハンカチと和の布をパッチワークしたり
さらに刺繍も加えたり
3人の個性でどのように布が変化するのかワクワクします💕




f0329602_22453041.jpg




平成30年9月1日(土)~9月9日(日)
12時~19時、最終日17時まで

銀座奥野ビル6階 607号室 サロンドゥラー










[PR]
by urara_felt | 2018-08-21 12:51 | イベント | Comments(0)

藤田喬平ガラス美術館

  
松島で思わぬ収穫がありました


松島駅から旅館へのシャトルバスの車窓から見えた看板
「藤田喬平ガラス美術館」

藤田喬平氏は文化勲章を受賞したガラス工芸家です


30年ほど前に父と日本橋高島屋で行われた作品展を見に行った憶えがありますが
松島に美術館があるとは全く知らなかったのです



f0329602_14440240.jpg




門を入ると最初は「銀閣寺垣の道」という長い松並木を抜けて玄関です


そして玄関を入ると「青のホール」という
イタリアのカプリ島の青の洞窟をイメージしたアプローチを通って展示室です



館内はすべて撮影可能でしたが幾つか代表的な作品を紹介します



f0329602_14444303.jpg



左側の三点が「飾筥(かざりばこ)」という藤田氏の代表作

右側はイタリア・ムラノ島の伝統と和が融合した作品





そして藤田氏が松島に想いを寄せて作った作品がこの二点です



f0329602_14442385.jpg


左が月と松島をイメージした作品で、右はご存知伊達政宗の兜です





館内にはお茶室やカフェもあり
屋外の松島を望める庭園にはチャペルもあってウェディングもできるとか…


チャペルは鍵が閉まってしましたが藤田氏のステンドグラスがありました




今回は時間が無くてゆっくり見ることができず残念でしたが
ぜひまた訪れたい素敵な場所でした



















[PR]
by urara_felt | 2018-08-01 22:51 | イベント | Comments(0)