<   2016年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧


昨日の由布院の震度5強の地震はショックでした

行きたい場所の候補の一つだっただけに余計…

自分たちが無事に行程をこなすことができて感謝するとともに
改めて一連の熊本大分地震で被災された方々にお見舞い申し上げます




四国旅行2日目は予讃線に乗って高松から松山へ
市内電車に乗り換えて道後温泉まで行きました


まず最初に道後温泉本館へ


f0329602_18545637.jpg



日本初の公衆浴場だとか
「千と千尋の物語」の舞台だとか

予備知識の期待を裏切らないレトロな建物でした
純和風建築なのに街燈とかあってモダン053.gif

皇室専用風呂があるってこともスゴイ


お風呂に入ったあとはふらふらと道後温泉の商店街を散策

こちらは想像とは違いこじんまりとした近代的な街でした
(街全体が道後温泉本館のような景観だと勝手に想像してたので)


道後温泉では絶対行こうと思っていた店があったのです

中之島きものいちやオンラインショップでおなじみ
アンティーク着物ショップのkirukiruさん


住所が道後温泉駅舎二階って?と思っていましたが

まさに駅舎の二階でした


f0329602_21303049.jpg




そもそも駅舎自体が私の想像と違いました045.gif
一階のドアを開けて階段を上ると店になっています


お店は販売スペースとレンタルスペースに分かれていて
アンティーク着物をレンタルして街を歩くことができるとか…



次に「とんぼ玉と骨董 Antique Pandamo」という看板を見つけ
吸い込まれるように中へ~003.gif


f0329602_21304522.jpg



とんぼ玉に関する本も書いておられる本格的な店でした

ショーケースにかぶりつくように見ている私の姿を見て
(よく我を忘れるとそうなってしまいます)
店主の方は丁寧にとんぼ玉の歴史について詳しく解説してくれました


ここで私の長年の疑問が解決058.gif






長くなったので今回はこのへんで
最終日の松山城は次回にします







[PR]
by urara_felt | 2016-04-30 22:39 | イベント | Comments(0)


GWに先がけての四国旅行

まずは小雨混じりのお天気の中、金比羅宮へ


f0329602_11540697.jpg

表書院で円山応挙の障壁画を独占状態で見ました

予備知識無く入ったのでちょっと感動


なお奥書院にはアノ伊藤若冲の障壁画もあるそうです
残念ながら通常は非公開のため今回は見れませんでした



f0329602_11560391.jpg



そのあと資生堂パーラーでランチを

なんと金毘羅宮の境内の中に
神椿という資生堂パーラーのカフェレストランが有るのです

こちらも予備知識無しに行ったのでビックリ👀



ちょうどおなかが空いたので思いがけずに
本格的なフレンチランチをいただきました



f0329602_11544771.jpg


団体客は入ってこないのでここでも新緑の森を独り占め



ついつい長居をしていたら本格的な雨になってしまいました😣


本宮まで785段のうち365段はシャトルバスに乗ったので
残りを目指してgo!




f0329602_11553936.jpg

帰りはひたすら足元を気にしての下山でした





次回は松山編です





[PR]
by urara_felt | 2016-04-29 09:01 | イベント | Comments(0)

何れ菖蒲か花菖蒲⁉


正しくは「何れ菖蒲か杜若」ですけど…
どちらも負けず劣らず美しいことの例えです


f0329602_22035012.jpg



しょうぶ、あやめ、かきつばたって見分けがつきにくいですよね
ちょっと調べてみました



水辺に咲いているのは杜若か花菖蒲
畑に咲いているのは花菖蒲かあやめ(菖蒲)


そう、あやめは漢字で書くと菖蒲となるから混乱のもとになるんです!

また花弁の元を見ると花菖蒲が黄色の目、あやめが網目(あやめ!)、杜若が白の目というのも特徴みたいです


でも花菖蒲にもいろんな色や形の花があるし
さらに外国品種のアイリスまで加わるとやっぱり見分けがつきません🌀🌀


今回買った二種類はこちらが花菖蒲


f0329602_21591106.jpg




こちらがアイリスとのことでした


f0329602_21583903.jpg












[PR]
by urara_felt | 2016-04-26 08:11 | | Comments(0)

みかんと散歩 初夏編


今年はツツジや牡丹や藤など
初夏の花が咲くのが早いと思いませんか?

4月もあと1週間あるのにもう散り始めたりしていて
びっくりしちゃいます



さて恒例となったみかんとお散歩シリーズ🎵

まずはツツジ編から



f0329602_22014599.jpg


ふふ、ツツジのじゅうたん❤


f0329602_22001596.jpg


ツツジはまだまだ楽しめるわね






次はお花の女王様と一緒❤




f0329602_22010381.jpg


おほほほ、世界で一番美しいのはだ~れ💕


f0329602_21593655.jpg




最後はやっぱり高いところに登りたがるみかんなのでした



f0329602_22024722.jpg

左耳のアンテナ(ほんとはエラです!)感度良好003.gif









[PR]
by urara_felt | 2016-04-24 23:09 | 羊毛フェルト | Comments(0)

ただ今折り返し地点


また作品展をしたいなと思い作品を作りためています
ネコの人形が30体になったらお話を考えようかなあと


現在16体です


f0329602_09553522.jpg



ちょっと他に寄り道をしていたりしたので進行が遅れて憤り気味

…ってまだ具体的に期日を決めているわけじゃないから
いいんですけど~003.gif


最近は皆さんSNSに画像をいっぱいアップしてくださるので
作りたい子が次々に出てきて画像いただいちゃってます045.gif


特にネコの家族写真や立ち姿画像などは非常に参考になってます



何を隠そう
私は動物と暮らしたことが無いのです


だから動物の表情や仕草などはよく知りません
なのできっと動物として作ってはいないのだと思います
みんなそれぞれ個性を持った仲間たちです

それなのにリスやカメを飼っている人たちからも
「そうそう、こういう表情をするのよね~」と言われます


きっとその方たちも動物としてではなく
仲間として接しているからでしょう




056.gif




さて今の構想


loyalな方もstreetな方もみんなが楽しみにしていること
それは年に一度のお祭り、カーニバル

ここぞとばかりにおめかしして楽しみます

そんなイメージで進めていきたいな



残り半分頑張ろう
そして衣装と背景作りも066.gif

















[PR]
by urara_felt | 2016-04-22 22:49 | 羊毛フェルト | Comments(0)

花を買って帰ろう


以前フラワーアレンジメントを習っていた頃は
玄関に溢れるくらい花があった

忙しくて教室に行かなくなってからは
ついつい玄関が殺風景になってしまっていた


自分で花を選ぶのは意外と時間がかかって面倒なのね045.gif

これではいかんと思い今年の春から考え方を変えた


f0329602_10490747.jpg


これはお彼岸の時の花
可愛かったので洋風のブーケにしてしまいました


普段は量はもっと少な目


一回700円から高くても1000円くらいの間で
好きな花を選ぶ


f0329602_10493215.jpg


たくさん買える時もあれば一点豪華主義のこともある


大抵は2~3種類
色のテーマを決めて選びます



不思議なもので上限を設けると花が選びやすくなりました



f0329602_10500953.jpg





桜も切り枝で買ったら葉が出てくるまで長く楽しめました


f0329602_10495109.jpg



















[PR]
by urara_felt | 2016-04-20 22:25 | | Comments(0)

久々のホームパーティー


昨夜は久々にホームパーティをしました


総勢6名になるので普段使わないお皿を出してきたりして
朝から準備で大忙し

f0329602_11595329.jpg

大好きな宮崎祐輔氏の大皿も久々に登場です




f0329602_12003108.jpg

今回選んだのは魚の絵変わりの陶器のお皿
これを銘々の取り皿に


メインの料理をパエリアにするのでちょっと土っぽく
陶器のお皿を組み合わせてみました



うちのパーティー料理は基本の献立の骨格は変えません


サラダ、ラタトゥイユ、パエリアが定番です

毎回中身だけちょこっと変える
今回は春野菜、それも和野菜を使うことにこだわりました



f0329602_12005478.jpg

大皿にはサラダを盛りつけました


グリーンリーフに水菜
カブ、カリフラワー、モロッコインゲン、それにゴボウ
ゆで卵、プチトマト、モツァレラチーズで彩を添えて


f0329602_11583094.jpg


「メインのお料理はパエリアです」とあらかじめ伝えると
大抵「いっしょに作りたいです」となる

なので途中まで下ごしらえをして最後はゲストに作ってもらいます


f0329602_12013288.jpg


パエリアだとスペイン料理かな…ということで
これも定番のポテトオムレツ


これも途中まで用意しておいてゲストに焼いてもらいます
フライパンからひっくり返すときは大騒ぎ003.gif
多少形がくずれてもご愛敬



右上も定番のラタトゥイユ
定番のズッキーニ、エリンギ、カボチャに加えて
今回はレンコンとミックビーンズを入れて成功❗



今回初めてのチャレンジだったのは
カンパーイ♪のビールで作ったフリット
(これ一度やってみたかったんだ)

季節野菜の菜の花とタケノコを揚げて
ペペロンチーニ味のスパイスソルトでいただきました

これとっても好評だったの016.gif
特にタケノコは絶品でした

売れ行き好調につき写真を撮った時には半分無くなってました003.gif



画像は無いけどアヒージョにも初挑戦
こちらはシーズニングを使ったので簡単でした
エビとマッシュルームとカリフラワー

それとカボチャのポタージュ
スープがあると喜ばれますね



デザートにはフルーツカクテル
おみやげのケーキと一緒にいただきました



それにしてもよく食べたな~



f0329602_12022998.jpg


パーティはとても疲れるけど
普段使わないお皿披露できたり
作ったことないお料理に挑戦できて楽しいね045.gif


料理を慣れた物にするとおしゃべりにも参加できて余裕です









[PR]
by urara_felt | 2016-04-17 23:07 | イベント | Comments(0)

リサのウェルカムボード


今週末はお客様を招いてホームパーティーをします


以前は年に2回くらいしていたのですが
最近はご無沙汰で3年ぶりくらい…


2月に買ったリサのウェルカムボードのキットがあったので作り始めました



f0329602_08390184.jpg




私って優先順位が変だろうか( ̄▽ ̄;)


こんなの作っている時間があったら
部屋をかたづけたほうがよいのにと思いながら


もうすぐ完成しそうです🎵



余白のところはオリジナルでネームを入れましょう




f0329602_08393155.jpg


クロスステッチは何も考えずに針を動かす
無心になれる時間で好き053.gif






[PR]
by urara_felt | 2016-04-14 08:44 | ハンドメイド | Comments(0)

夏の黒はいかが?


恒例の春の植え付けをしました


もう初夏の花のサフィニアの苗が出ていました
今年のヒットは黒053.gif


漆黒のベルベットのような風合いです
およそ夏らしくないところもツボ016.gif


光が当たると紫に見えますがブラックです💕





f0329602_10425512.jpg





モノトーンにするか悩みましたが
今回はピンクと紫を加えてエレガントな雰囲気に


f0329602_10450575.jpg






f0329602_19131712.jpg





丸い洗面器型の鉢にはバーベナとシルバーリーフ




f0329602_10434001.jpg






昨年最多で5鉢持っていたバラの鉢は
2鉢枯れてしまいましたが
一時枯れそうになっていたカクテルがこんなに元気になって嬉しい



f0329602_19050128.jpg











[PR]
by urara_felt | 2016-04-11 10:55 | 日常

ガレの展覧会へのおもい


東京都庭園美術館へ
「ガレの庭 花々と声なきものたちの言葉」を見に行きました



f0329602_11573499.jpg

桜が散る前にぎりぎり間に合い着物で行きました


f0329602_11580188.jpg



思えば私がガレに出合ったのは25年くらい前のこと


当時はバブル期で高揚していた時代だったせいか
ガレは毒々しいキノコや昆虫ばかりにスポットが当てられて


ガレはグロテスクな作家、ラリックのが洗練されてて素敵…
若かった私はずっとそう思っていた


実際はとても繊細な感性を持った作家だと知ったのはずっと後のこと


(今は便利なことに過去の展覧会が一瞬で調べられる)


「フランスの至宝 エミール・ガレ展」
江戸東京博物館
2005年1月22日~4月3日



「ガレとジャポニズム」
サントリー美術館
2008年3月20日~5月11日




この2つの展覧会を通して私の認識はがらりと変わった



裕福な家具職人の息子として生まれ
若い頃から才能を認められ賞を取ったり
恵まれた作家人生を送っていたガレ

しかし55才で白血病を患い生涯を閉じることになる
その3か月前に制作したトンボの作品がなんとも儚くて美しい


私もガレの無念さがわかる程の歳になっていた





そして今回はまた違った印象を持った




今回のテーマはガレの植物学者としての一面なのだけど
私としてはガレのアートディレクターとしての一面を強く感じた


実はガレは自分自身で製作に携わる職人ではなく
多くの職人に指示を与えて作品を作らせる役割り

いわばオーケストラの指揮者のような存在であったのだ


一人の製作物ではないので作品の数は膨大で種類も技法も様々
中には商業的に作られた物も含まれているだろう



でもどこかにガレ自身のメッセージが込められている気がする



私は今回最後に3つのトンボの作品を比較展示してあったのがよかった


初期の初々しいトンボ(左上)
中期の意欲満々な時期(右上)
最後に前述の晩年の作品(下)


f0329602_10014109.jpg
「ガレの庭」図録より抜粋



「自然にとって死は絶望ではなく再生の前提である」

今回心に残ったガレの言葉です




ガラス工芸を見ているだけでいろいろ考えさせてくれるガレ
やっぱり魅力的で大好きな作家です










[PR]
by urara_felt | 2016-04-09 10:42 | イベント | Comments(0)