<   2016年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧


松本市美術館で草間彌生「魂のおきどころ」を見てきました

f0329602_22211173.jpg



松本駅でバスを待っていると、目の前を通り過ぎるバスが…

f0329602_09464082.jpg



残念ながらこのバスには時間が合わず乗れませんでした007.gif
普通の市バスに乗って約10分、松本市美術館前で下車


美術館の敷地内に足を踏み入れたとたんの草間ワールド炸裂の
チューリップのオブジェ達

f0329602_22213239.jpg



いきなり興奮のるつぼに達する私003.gif


美術館の中に入ったら、柱が…壁が!


f0329602_09471481.jpg



階段も!!

f0329602_09474475.jpg



自販機にゴミ箱でさえも‼‼


f0329602_09472842.jpg




松本は草間彌生の出身地であることから
市美術館にも数多くの所蔵作品があるとのことで
草間氏が所有する貴重な初期作品から
最新作「わが永遠の魂」シリーズまで常設展示されていました



展示作品の中でこの部屋だけが撮影可能でした

f0329602_09480535.jpg




それにしても草間彌生の作品には
なぜ心の奥をかき乱されるようなパワーが存在するのだろう

草間氏は子供の頃から精神の病気のために幻視・幻聴に苦しみ
絵を描くことによってその苦しみを和らげることができたのだとか

同じ病気で幻視を見る症状を持つ人は多くいても
作品として表現できる人は非常にまれなことで
それはやはり草間氏が類まれなる才能の持ち主なのでしょう

彼女の才能を見出し、活動をサポートしてきた一人が
ゴッホ研究家の精神科の先生だったというのも興味深い



さて夜は浅間温泉でゆっくりして翌日は松本城の見学をしました


f0329602_22205792.jpg




台風つづきの不安定な陽気のなかで、幸いにも晴天に恵まれました058.gif
しかし8月下旬の松本市の気温は36度

市内散策はとても無理でした~



[PR]
by urara_felt | 2016-08-31 12:24 | イベント | Comments(0)


ルノワール展に行った時の着物です


f0329602_22552854.jpg



若干涼しい日だったので水色の絹小千谷の着物を着ました

合わせた帯はメロンにパイナップルに???
爽やかな色合いの果物柄の名古屋帯を合わせました


f0329602_22543264.jpg



前にはひとしずくの玉(ぎょく)の帯留め
この帯留めはいろいろ使えて便利です


着物は芭蕉の葉と孔雀の羽がロマンチックな一つ紋訪問着


f0329602_22545669.jpg



絹小千谷の訪問着って珍しいんです

金彩銀彩に縫いまで入って凝ってます
肩のところには鳳凰もいて雰囲気たっぷり💕


f0329602_22533548.jpg


昔の方もこの着物でサマーパーティなど

行かれたのでしょうか


私も着物友達に誘ってもらったサマーパーティに

残念ながら参加できなかったのでリベンジしたくて着ました



ただ一人の気軽なお出かけなので

足元は青いレース足袋にしてちょっとはずしました


f0329602_17063623.jpg




056.gif

ところでリオオリンピック閉会式での

小池都知事の着物をめぐって
賛否両論あるようですが…


私は好意的に見ておりました


ドン引きするような土砂降りの雨の中
自前といわれる着物と帯で閉会式に臨まれるとは

さすが崖から飛び降りる覚悟で都知事選に出馬された度胸です003.gif

炸裂する原色ブラジルカラーのなかで
あえて中間色モノトーンのコーディネートは
映像では地味目に映りましたが
実際にはゴールドの帯はキラキラと輝いていたのでないでしょうか

また柄も鶴などの日本的モチーフを用いながら古典に偏りすぎず

モダンな印象ですっきりしていたと思うし


何よりがっしと足を踏ん張って旗を振る姿も
現代の強い日本女性を印象づけるのに貢献したように
思いました045.gif












[PR]
by urara_felt | 2016-08-29 15:31 | 着物 | Comments(0)


夏休みの課題その2 何かひとつ縫物を仕上げること


候補はたっくさんあります~003.gif
スタンバイして出番を待っている布たち

選ばれたのはヴィンテージのカーテンだった布でした


f0329602_15035842.jpg


こんなスカートに仕上げました


何を作ろうかと悩んでいた時期は半年くらいかな
…というのも結構ほつれてボロボロだったのです

付け帯という選択肢もあったのだけど
すでに薔薇とマーガレットの意匠の帯は持っているので(*^.^*)

それならばスカートかなあ~と

f0329602_15032128.jpg




布の量がきっちきちだったので
本当はもっとギャザーを寄せたかったりとか
できればバイアスに裁断したかったりとか
いろいろ反省点はあるけど、なんとか形になりました


f0329602_10333103.jpg


出来上がってみたらヴィンテージの威力の助けを借りて

雰囲気あるスカートになったかな016.gif

















[PR]
by urara_felt | 2016-08-27 07:08 | ハンドメイド | Comments(0)


六本木の国立新美術館で行われていたルノワール展と
サントリー美術館のエミールガレ展を一日で両方見て回りました


f0329602_22260089.jpg



f0329602_22252696.jpg




さて、今回のルノワール展の目玉の一つ
「田舎のダンス」(左)と「都会のダンス」(右)

f0329602_22262462.jpg



「田舎のダンス」の女性は後にルノワール夫人となった方

一方「都会のダンス」の女性は数々の芸術家と浮名を流し、
芸術家食いとも揶揄され、後にユトリロの母となった女性画家ヴァラドンとか…


ふうーーーーーーーーむ、
なるほど、そういう目で見ると 納得045.gif



国立新美術館内のカフェで一休みしたあとサントリー美術館へ移動




056.gif


ガレの展覧会は今年4月にも東京都庭園美術館で見ました
http://koimourara.exblog.jp/25117980/

今回の展示はその時と一部テーマもダブっていたし

同じ作品も幾つか展示されていました


有名な作品はやはり素晴らしく、何度見ても感動するけれど

今回はあまりにもサイクルが近すぎました


それにその他大勢の作品が多いと

展覧会全体の印象が散漫になってしまう気がするなあ


主催者側として数も揃えないといけないんでしょうけどね




…と悪いところばかり見ていないでよいところも探そう045.gif



今回の感動ひとつ

あまりにも有名なエミールガレのひとよ茸ランプ
25年ほど前にはガレのグロテスクの象徴とされたこの作品

実は作られたのがガレが亡くなる2年前のことで、
白血病としてもう長くは生きられないと思っていたガレが
一夜にして生えて一夜にして消えてゆく

ひとよ茸に魅せられて作った作品だったとか

そして消えてゆく茸の脇には次の新しい茸が生えてきているという

<消滅と再生> 植物学に傾倒したガレのテーマ


そうと知ると「ひとよ茸ランプ」も見方が変わる

画像をお見せできないのが残念なのですが
今回の展示ではライティングの効果で3本の茸のカサが
幾重にも重なって影を落としていて、その影がはかなくてとても美しかった



見慣れた作品でも切口によって随分変わるものだと感じました







この日は着物を着たので、その様子はまた後日






[PR]
by urara_felt | 2016-08-24 22:00 | イベント | Comments(2)

思い出のメロンパン


私が一番最初に作った羊毛フェルト作品です


部屋の片づけをしていて発見しました

懐かしかったな~🎵
7年前、誕生日プレゼントを交換している友人に
リクエストして贈ってもらった羊毛フェルトキットです


f0329602_14124727.jpg





これが始まり

面白さにのめりこんでここまで来てしまった




このメロンパンをさりげなく食卓の上に置いておいたら
夫がすかざず手を伸ばそうとしていた003.gif


なんで皿に乗せていないんだと怒られそうになりました💦



それだけリアルってことね~
とちょっと嬉しい003.gif





[PR]
by urara_felt | 2016-08-23 12:34 | 羊毛フェルト | Comments(0)

晩夏の向日葵


8月も後半になっていっそう暑さが体にこたえます

毎年、暑いのはもうこりごりと思いつつ
夏が終わってしまうとなると淋しい気持ちになるのは不思議です

そんな去りゆく夏をしのんで晩夏の向日葵を飾りました


f0329602_10405123.jpg



3種類の向日葵にガマを加えてオータムカラーに



6月に飾った初夏の向日葵はこんな感じでした



f0329602_21171767.jpeg



組み合わせ次第でずいぶん印象が変わりますね


今回のお花は1080円でした!
まさに1000円の花058.gif


f0329602_10420582.jpg










[PR]
by urara_felt | 2016-08-21 07:40 | | Comments(0)

越後上布に白鳥の帯


夏休みの課題その1 一度は着物を着ること… 
最終日にやっと実現しました058.gif

着物での外出は猛暑日か雷雨かの二者択一を迫られ
雷雨の日を選びました

蒸し風呂のような陽気なので麻の着物


少し古い越後上布は今の物と違って可愛らしさもあり
普段に気兼ねなく着られるし
最悪足元濡れても自分で洗濯してしまっていいかな…という感じ

今年仲間入りした白鳥の帯がぴったりだったので合わせてみました

f0329602_10324662.jpg



帯の前には白鳥がいないので、白鳥の帯留めをして

襟元はレースの半襟を合わせ
オリジナルの鼻緒を付けたパナマの草履で夏らしく

f0329602_10330975.jpg



向かった先は三井記念美術館のアール・ヌーヴォー展


地下鉄三越前駅の地下通路で目にしたのは

ギョ・ギョ・ギョ・人・人・人の大行列!!!

一瞬東京都美術館の若冲展の悪夢が甦りぞっとしたけれど
それはコレドのアートアクアリウムの行列でした003.gif

お疲れさまです~、三井記念美術館はすんなり入れました



アール・ヌーヴォーは大好きですが
ヴィンテージショップなどでも目にすることも多いので
あらためて美術館での展示はどうなんだろうと思っていましたが

意外と盛りだくさんで楽しめました053.gif

釉下彩の白鳥のお皿が展示してあってにんまり016.gif



帰りはたーっぷりと雨宿りしてから帰りました


f0329602_14131682.jpg



準備の時と帯締めを変えています
黄色が入ることで引き締まりました







[PR]
by urara_felt | 2016-08-18 22:11 | 着物 | Comments(0)

サルスベリの花


花の少ない盛夏を彩るサルスベリの花

以前はあまり好きな花ではありませんでしたが
今は暑さに負けずに花を咲かせる姿に元気をもらえる気がしています


f0329602_14203797.jpg



サルスベリの木は、樹皮が所々はがれて
表面がつるんとした感じになることから、この名が付いたとか



f0329602_14213502.jpg




f0329602_14210270.jpg



実際にはサルは滑らないそうです003.gif



f0329602_14220039.jpg




[PR]
by urara_felt | 2016-08-16 21:28 | 羊毛フェルト | Comments(0)

メンズの黒麦わら帽子


夫がきちんとした印象の麦わら帽が欲しいと言うので探しに行った

色は黒がよいとのこと

いろいろ見たなかで一番形が気に入った帽子は
飾りのリボンが気に入らなくて買うのを迷っている様子

リボンだけだったら私が直してあげるよということで
形の気に入った帽子を購入した

直す前は黒に白の水玉ドットが付いていた
それを家にあった黒のサテンリボンに変えた


f0329602_14501284.jpg



これは直した後
(いつも直す前の写真を撮り忘れてしまいます~)

飾りにシルバーのボタンを付けた




オリジナルで付いていたリボンはこちら


f0329602_11403146.jpg




これでもオシャレだったのだけどね~
変えたらシックになりましたね


ドットのリボンは私が何か他に使いましょう045.gif





[PR]
by urara_felt | 2016-08-14 08:50 | ハンドメイド | Comments(0)


058.gif夏は骨董市が目白押し058.gif

予定が合えば出かけずにはいられないww
暑いのもなんのその、いそいそと出かけて行きます
先週末のビッグサイトの骨董ジャンボリーにも行ってきました

◇骨董ジャンボリー◇
全国から500以上のディーラーが集まる日本最大級の市です

和骨董、洋骨董、トイの3部門に分かれていて

くまなく見て回ります



今回の戦利品
自分のために買ったアクセサリーやレースなどはおいといて~003.gif
一番の戦利品はこちらのテーブルセットです053.gif




エリザに紹介してもらいましょう


f0329602_20562561.jpg



ドールフェスティバルなどを見に行くと
精巧に作られたミニュチュア家具などが売られていますが
どうもあまり現実的なのは私の人形には合わないと思っているのです


このセットの素材はブリキだけど丁寧に作られていて
薔薇のペイントも綺麗で夢があるなあ

何より私の人形とサイズがピッタリです016.gif
(一般的なドールハウス用のは小さすぎるのです)



エリザもとても気に入ってくれたようです060.gif



f0329602_20564241.jpg



テオくんとの新居にぴったりと言ってくれました




[PR]
by urara_felt | 2016-08-11 08:47 | 羊毛フェルト | Comments(0)