<   2017年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ペンギンの浴衣


ネットショップでこの反物を見つけた時、
あまりの可愛さについポチってしまった


もしかして子供用?いや、そんなことなさそう

でも着れるのか?自分…と自問自答

そして反物が手元に来ても
本当に着れるのか、自分…の疑問を残したまま
お仕立てをオーダーしちゃいました104.png

そしてすぐ着ちゃいました110.png


f0329602_21224932.jpg




帯は去年買ったペンギンの半幅帯

ペンギンが重なるのは過剰だから
前帯には雪の結晶だけにしたいな~と思いつつ
半幅帯に不慣れな私は順当な結び方しかできず
しっかりと前帯にもペンギンが出ちゃいました105.png


f0329602_21221581.jpg



でもこのペンギンたち、なんとなく似てますね127.png
そんなにしつこくなくてよかった…


今回の小物は和のかごバッグに
オーストリアの編みパッチを自分で縫い付けた物

国籍不明の可愛さがあって気に入ってます


f0329602_21214936.jpg



そして今回のチャレンジはスニーカー169.png

一度試してみたかったのよ~
今回のコーディネートはいいチャンスだと思って決行158.png


f0329602_21250257.jpg



ほら、違和感ないよね113.png











[PR]
by urara_felt | 2017-07-31 07:42 | 着物 | Comments(0)


エミリオ・プッチのトートバッグですよ~169.png


f0329602_21500043.jpg



ただし端切れから作ったオリジナルのバッグですけど…105.png



f0329602_21584491.jpg



数年前、新宿オカダヤのワゴンに入っていたプッチのきれっぱし


ほんとにきれっぱしと言うのがふさわしく
どう使ってよいのかわからず放置されていました


バッグにしようと決意してからも
布の個性が強すぎるせいのか、なかなか相方が決まらず
3年くらい寝かせたあと、最近になってやっと材料が揃いました


最初に持ち手となるテープの裏側にグログランテープを縫い付けて
丈夫さとしなやかさを出します


f0329602_21534326.jpg



次にプッチの布にギャザーを寄せて
4枚のフリルを作りました


f0329602_21530173.jpg



ここまで来たらプッチの布が急に押し出し感が強くなってびっくり150.png

さっきまでrただのきれっぱしだったのに


これがブランドの威力という物なのか…


こんなミニスカートやビスチェがあったら可愛いね113.png


こんなミニスカートが似合う女性だったら
私の人生、変わっていたかもしれない105.png

ビスチェにはちょっと心惹かれましたが
私はこのビスチェを着る回数よりバッグを持つ回数の方が
圧倒的に多いと思い
予定通りトートバッグを作ることにしました


土台はオレンジのビロードにして
裏側にはツィードのポケットを付けました



f0329602_21504365.jpg



んま~、それはそれは縫いにくかったこと161.png

途中で嫌になりかけました

せめて裏地は綿の布を選んだので救われました


f0329602_21511040.jpg






今までに呆れるほどたくさんの布のバッグを作ってきましたが
今回のバッグはその中でもダントツに押し出し感が強い


やっぱりブランドの力なんですかね~










[PR]
by urara_felt | 2017-07-30 07:56 | ハンドメイド | Comments(0)


フェルト講習でミニポーチを作ってきました


f0329602_22092271.jpg





「必ず素敵とほめられる鎌倉発のフェルトバッグ」

鎌倉で活動されているフェルト作家のMeiさん

インスタグラムで彼女のころんと可愛いフェルトバッグを見つけて
作ってみたくなって講習を申し込みました

方法は普段私がタペストリーの土台にしている方法と同じ
羊毛フェルトに石鹸水をかけてゴシゴシする方法

なので手順は大体わかっています

習いたかったのは袋としての耐久性と
均一で滑らかにフェルト化する方法


講習にはステップがあるようで
まずは「はじめてのポーチ」の講習を受けました


f0329602_22095385.jpg



これはポーチの裏側です


普段雑で勢いばかりで作っている私の方法とちがって
緻密で丁寧な作業でした

おんなじ材料を使ってもこんなにも違うんですね110.png



なんていつもの私の作品作りは大雑把105.png




でもね、人形の場合はね
ちょっと勢いで作ってもよいかなと思ってます


特に私が表現したいのはほんの日常のひとこまなので
あまり緻密で完璧でないところをわざと狙って作っています



でもバッグや袋は丈夫さが必須ですね


今後はきっちり作る部分と抜いて作る部分と
両方使い分けられるように目指していこう…

















[PR]
by urara_felt | 2017-07-28 22:47 | 羊毛フェルト | Comments(0)

うららちゃんの休日


ある日のこと
うららちゃんは植木の植え替えをしました


f0329602_20392802.jpg



クリスマス用のもみの木の準備なんでしょうか

一仕事終えて満足そうな表情です



この日はリスくんもお休みだったのでいっしょに作業しました


f0329602_20395828.jpg



のんびりした休日だけど
チャドくんが来るとちょっとせわしない


f0329602_20410073.jpg






ここまで文章書いてみてふと考えた


リスにとって休日とそうでない日の違いって何106.png


まあ、そんなこと考えてたら
人形なんか作ってられないわね…




[PR]
by urara_felt | 2017-07-27 17:58 | 羊毛フェルト | Comments(0)

黄色いフラミンゴ~♪


フラミンゴの色って赤、白、ピンク


でも黄色いフラミンゴがあってもいいんじゃない?


f0329602_21435612.jpg



現在製作中のクロスステッチ名古屋帯


前帯部分の3羽目が完成しました169.png



f0329602_21443413.jpg



デザイン的にはピンクの方がよかったのかもしれないけれど~

昔の職人さんの自然の色にとらわれない感性に触発されて
(黒いヒマワリや青い椿などがあります)


どうしても黄色いフラミンゴを作ってみたくなった104.png


黄色いフラミンゴ~169.png
はい、ここで口ずさんだ人は私と同世代です106.png




さあ、これで前帯が完成
次はいよいよ後ろのお太鼓部分の刺繍に着手です

どでかフラミンゴだよ~162.png








[PR]
by urara_felt | 2017-07-26 09:11 | ハンドメイド | Comments(0)

ギンガム越後に行列金魚


先日麻の着物でお出かけしてきました


f0329602_20345181.jpg



可愛い赤のギンガムチェックの着物は越後上布です

とても糸の細い上質な麻なので涼しい💕


越後上布の着物にどんな帯を合わせようか考えました102.png
質はおとさず、でも私らしく少し抜けた感じでと…



選んだのは金魚が行列している夏帯です


f0329602_20295306.jpg




横の縞は竹を現しているのでしょうか

こんなにとぼけた図柄なのに、みっちりと刺繍が入って
結構まじめな仕事をしているところがお気に入りです


この日はコーラルレッドをテーマにして小物も選びました

赤はやっぱりテンション上がるね~
着物でお出かけとなるとエネルギーが湧いてくる~104.png


f0329602_20352531.jpg



前回浴衣にバングルをしたのが思いのほかツボにはまったので
この日もバングルをしました

f0329602_14504996.jpg



実はわたくし、アンティーク着物の世界に入る前の数年間は
インディアンジュエリーにはまっておりました110.png


根っからの凝り性ですので
ナバホ、ホピ、ズニ、サントドミンゴ…
まあ、ちょっとした知識は持っております127.png


最近あまり使ってなかったけど
着物にインディアンジュエリーって合うもんだな~


新境地を開いてみようかしら…









[PR]
by urara_felt | 2017-07-25 12:46 | 着物 | Comments(3)


久しぶりの1000円の花です

猛暑続きのためお花を買うのがためらわれて
ちょっとインターバルが長くなりました

今回はきれいなコーラルレッドのアンスリウムが主役です

フラミンゴレッドとも呼びたいね113.png


f0329602_20281540.jpg



ザビアという名前のようです

同色のカーネーションはビゼット


f0329602_20283973.jpg



ピンクのワックスフラワーとキキョウランを合わせました





[PR]
by urara_felt | 2017-07-24 10:59 | | Comments(0)


花柄オーガンジーのはぎれが30cm×50cm

何かにならないかな~と考える

そうだ!最近流行りのフリル袖を作ってみよう…
と思い立ち30cmを半分に切り、15cm×50cmを2枚として
縁を縫って筒状にして…

さて何につけましょう…
と思った時、昨年買った白い麻のブラウスを思い出した


f0329602_21305989.jpg



縫っている時からちらちらとこのブラウスのことが頭に浮かんではいたんですよ


f0329602_21312204.jpg




でもね、出来上がってブラウスと袖を合わせてみたら




f0329602_21303109.jpg


あまりにも過不足なく円周が同寸だったことに驚く146.png


私ってなんて強運なんだろう!!


これは私の率直な感想なのだけど
強運…というのは語句の使い方を誤っているかな105.png



何かを作ろうとしている時に
それに合わせるリボンやレースの飾りを見つけるために
お店に探しに行くのは結構大変です

どこの店にある?とか
何の催事なら見つかりそう?とか
相当な時間と労力を必要とします

そんな時

うちの材料箱にピッタリの物を見つけたら…
そしてそれがサイズや色がピッタリだったりしたら…


私って強運162.pngと思ってしまうのです



まあね、自分の好きな物ばかり集めているわけだから
当然といえば当然なんですけどね104.png










[PR]
by urara_felt | 2017-07-23 08:09 | ハンドメイド | Comments(0)

海の日に着たい浴衣


海の日に着・た・か・っ・た浴衣です


海の日には着れませんでしたが数日遅れて着ました169.png




f0329602_20321262.jpg


 

きれいなターコイズブルーの浴衣
絞りの模様が貝の形になっているんですよ113.png



f0329602_11422032.jpg



合わせたのは貝のモチーフの紗の名古屋帯


f0329602_20332167.jpg



陶器のシェルの帯留めには
自分でラインストーンを2つ付けました174.png

今回チャレンジは浴衣にバングル🎵

アンティーク着物の時は着物が傷むので付けられませんから



f0329602_11534002.jpg



私の浴衣スタイルは襟無し、足袋無しに名古屋帯が定番です


本当は夏だってアンティーク着物を着たい121.png
でも厳しい昨今の気象事情により、

せめてアンティーク帯が似合う浴衣を選ぶというわけ



この日お出かけしたのは原宿の大田美術館の
「大江戸クルージング」


江戸の時代の夕涼みは涼しげでうらやましい限り…


f0329602_11531780.jpg



その後ラフォーレ原宿の浴衣イベントを覗きました


そこでウールツィードのような鼻緒をゲット162.png
8月末に選んだ台にすげて送られてくるというので楽しみです~



もう秋支度ですわん110.png







[PR]
by urara_felt | 2017-07-21 12:06 | 着物 | Comments(0)

ネコ柄のチュニック


学生時代、自分の服を作っていました


30年以上も前105.png

洋裁を習ったことはありません
本を見ながら自分でパターンを起こしていく自己流

それから時は流れ流れて
なかなか自分の服を縫うのは難しくなってしまいました

縫うのが簡単なオーバーサイズの服をオバサンが着ると
ほんとにおばさんに見えてしまうからです(笑)

ところが!折りしもビッグシルエットブーム到来104.png
今がチャンスと思ってトライしました


f0329602_20300418.jpg



以前ワゴンセールで買ってあったネコ柄のはぎれ

麻100%と手書きで書いてあったけど綿との混紡みたい…
柔らかくていい布です

これはバッグにするにはもったいないな~と思って取ってあったのです


f0329602_20304469.jpg



ちょうど合うターコイズブルーのテープがあったのでアクセントにしました


本当は襟開きはスクエアがイメージだったのですが
とにかく1日で完成させることが大命題だったので
簡単な方法で丸い襟開きで妥協しました102.png


袖は今年流行りのフリフリ袖

余った布は裾のスリットにフリルとして付けて
さらに余った布は三日月型の飾りにしました





f0329602_20313633.jpg




こうして朝までただの布だったのがチュニックに変身しました162.png








[PR]
by urara_felt | 2017-07-19 21:09 | ハンドメイド | Comments(0)