<   2017年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

月に向かう蝙蝠


名も無き職人の名品①


塗りの中皿を買いました
月と四季をテーマにした20枚組の絵変わりです


そのうちの1枚の部分抜粋です


f0329602_21563327.jpg




店の方によると時代は明治から大正頃の作品だそうですが
作家のサインが無いので時代も正確には特定できないそうです



f0329602_21555336.jpg




デザイン性も技術も素晴らしい
魂をぐっと掴まれる程惚れ込みました113.png


全体像はこちらです



f0329602_21552921.jpg




残りのお皿も素晴らしいデザインなのですが
買った物をそのまま見せるのはあまり好まないので
折りにふれ1枚ずつ紹介できればと思います



ハロウィンの夜もあと2時間半余り

お祭り騒ぎを終えた蝙蝠は静かに月に帰って行く…図です



















[PR]
by urara_felt | 2017-10-31 21:40 | アンティーク | Comments(0)


昔アジアンショップで買った刺繍の花柄の布で
ベルトを作りました


f0329602_20522913.jpg




もとは何だったんだろうな~
忘れてしまうほど前です

もしかしたら以前もベルトだったのかもしれないのですが…


2つに切断してストールの飾りにしたことは覚えているんですけど…


f0329602_20531251.jpg




それも飽きちゃってはずしたまま
でももったいなくて取ってありました105.png


ここ何年間の傾向から何となくやぼったく見えて
もう使わないんじゃないかと思ってました



でも昨年あたりからの刺繍の流行に加えて
今年はデコデコといろんな飾りが出回ってます


そこで
2つに切断されていたパーツを再びつなげて
一方をバックルに留めつけました


今年流行りのニットカーディガンに合わせたらこんな感じです



f0329602_20512477.jpg



こういうカーディガンとコートの中間のような服のことを
最近ではコーディガンと呼ぶそうな…


そうゆうの、どうも好かんな~104.png


ところでこのコートですが、この後にデコりました127.png
その様子はまた後程













[PR]
by urara_felt | 2017-10-30 22:17 | ハンドメイド | Comments(0)

ピーチとメロン


1000円の花です


ケイトウの花も本当に種類が増えました


今回のはサーモンピンクと黄緑色162.png


f0329602_21573040.jpg





名前もまた可愛い113.png



ピンクのほうがピーチフリル


f0329602_21583353.jpg





黄緑のほうがメロンフリル


f0329602_21585335.jpg





ビロードのような風合いに惹かれます



フェルトで作ってみたくなるけど
本物の方が絶対美しいに決まっているからやめておこう105.png








[PR]
by urara_felt | 2017-10-29 14:13 | | Comments(0)

羽一枚一枚を意識して


フラミンゴの羽っていったい何枚あるんでしょう


考えたこともありませんでしたが106.png


羽一枚一枚を意識してステッチしました


f0329602_20204124.jpg




製作中のクロスステッチ名古屋帯の途中経過です


名古屋帯のお太鼓部分になります


ボディの部分が9割がた完成169.png
あとは輪郭の修正と尾の部分をもう少し


使っている刺繍糸は5種類の単色と2種類のグラデーション糸

糸の種類の割に複雑そうに見えるのは
グラデーション糸のお陰です




後は足の部分を刺せば完成です


でも足の部分は帯として結んだ場合には
折り返しの中に入って隠れてしまう場所なんです

これってモチベーション下がるわ~



そんなこと言わずに頑張りましょ166.png



帯を締めた場合「座るフラミンゴ」になるというのも
どうなんでしょうか…



この後に及んでそんなことで悩んでいます127.png







[PR]
by urara_felt | 2017-10-27 17:41 | ハンドメイド | Comments(0)


インドのカシミール地方の伝統的な織物
ペーズリー模様が有名です

ヴィンテージの物はとっても貴重、そして高価149.png149.png149.png


古い手織りの物はそれはそれは素敵ですけど
糸が細くてボロボロでも目の玉が飛び出るほど高い


そうゆう物は美術的資料として額に飾るのが向いていて
実用的には少し時代が若くて機械織の物のが向いている…と思います


大抵はものすごく大判で売っていることが多いのですが
偶然にもちょうどストール分の端切れに出会うことができて
ネックウォーマーを作りました



<まずは出来上がり画像から>


f0329602_11495603.jpg




前回と同じくシュシュの要領でドーナツ状に縫いました

カシミールの生地だけでは微妙に長さが足りなかったので
ユザワヤでこげ茶のリブ編みを買って長さを足しています


f0329602_11494247.jpg



今回はゴムを入れずにスナップで留める方式です


ボタンを2つ、やや下側に付けた訳は…
飾りを付けたかったから162.png



f0329602_11501615.jpg



上から順に

ヴィンテージの別珍リボン
最近作った自作の革コサージュ
ユザワヤで見つけたラビット玉

どれを付けてもかわいいわん113.png



今年は赤が流行色のようですね
私はこのやや抑えた感じの赤い色が一番好きです

コーラルレッドというのでしょうか



むふふふふ、今回の出来栄えはものすごく満足110.png


憧れのカシミールを日常に使えるものができました169.png





[PR]
by urara_felt | 2017-10-25 12:13 | ハンドメイド | Comments(0)


シュシュ…
髪が短い私には使えない物ではありますが

シュシュの作り方でネックウォーマーを作ってみようと思い立ちました


シュシュなんて筒状に縫ってゴムを通すだけでしょっ…と
簡単に考えていましたが
(確かにそうなんですけど…)
ネットで検索したら色々作り方が載っていました

図解の通りに作ってみました


f0329602_20580362.jpg



白い布で作ったら生クリームのようになってしまいました105.png


白一色だと使いにくそうだから

モスグリーンのモヘアの毛糸とヴィンテージボタンで飾りを付けてみた



f0329602_21015349.jpg



う…ん、使うかな?
秋というより冬っぽいでしょうか


出来上がりはまあまあだけど
身に着けるかどうかは不明…な物が出来てしまいました104.png


気に入らない時は作り変えることができるのも

ハンドメイドのよいところです



シュシュの技法でネックウォーマーが作れるとわかったことは収穫109.png










[PR]
by urara_felt | 2017-10-23 20:39 | ハンドメイド | Comments(0)

秋色のムーミン村


今回も自作のトートバッグです


いつも裁断する時は3つ4つまとめてするので
順々に出来上がっていきます102.png


今回のメインは北欧のハギレのセールをしていた時に買った布


f0329602_21164580.jpg




ニョロニョロがいるのでムーミンのシリーズだとは思うのですが…


f0329602_21160904.jpg




ハギレで買ったのでムーミンはいません106.png

ムーミンには詳しくないのでわかりませんが
こんな恐竜みたいなのいたっけ?

調べてみたけどわかりませんでした⤵


今回はリバーシブル仕立てにしました

あ、リバーシブルといってもいつもと作り方は同じです127.png

表と裏の布の強弱に差がある場合は片面仕立てで
差が無い場合は両面表❗

それをリバーシブル仕立てと言ってるだけ110.png


裏側はこんな感じです


f0329602_21141357.jpg




ポケットは必須!
タブレットが入る大きさです


ちょっとしたお菓子を入れるのにも役に立ちます💕


そしていつもこだわる持ち手はこんな感じ



f0329602_21132635.jpg




持ち手はエスパドリーユ用というヴィンテージのテープです
とてもしっかりした幅広のテープなので半分に折って縫いました


毛糸のフリンジ(市販)があったので留め具にしたのが今回の工夫点

可愛いけど強度がちょっと心配です












[PR]
by urara_felt | 2017-10-22 13:44 | ハンドメイド | Comments(0)

森の仲間たちのバッグ


日本の古布の端切れを使ってバッグを作りました


f0329602_21034800.jpg



メインの柄は昔の子供の着物(長襦袢?)のハギレです

クマやウサギやトリなどが物語風に面白く描かれています



f0329602_21041557.jpg



この生地は目白にあるLUNCOさんという着物屋さんで買いました


もう10年くらい前になるでしょうか…


いつか何かを作ろうと思っていましたがチャンスに恵まれず
ここへ来てよい相棒が見つかり晴れてバッグになりました162.png


そんなに長く寝かせていたのに急に進展したわけは
この持ち手のヒモを手に入れたから🎵


f0329602_21025955.jpg




幾何学模様のヒモにコーデュロイ様の生地で裏打ちしました

このヒモのお陰でこのバッグは映えました169.png
これが無地だったらつまらない…と思う…


メインの布の他に5種類の緑の生地を使っています

メインの布の両脇の森のような斑染の布
上部の布はビニールっぽくしっかりした布
裏の生地はお気に入りのリバティ
それにヒモの表面と裏面

緑色といっても様々です

雰囲気が合う物が揃うまでは時間がかかるものですね










[PR]
by urara_felt | 2017-10-21 09:28 | ハンドメイド | Comments(0)


久しぶりの1000円の花です

やっぱり10月はオレンジ色💛

f0329602_21482707.jpg



ガーベラもカラーもカーネーションもカトレアもハロウィンオレンジ113.png

ドナセナにもちょっとオレンジ色が入ってます



今回はリスくんたちの特集で1回飛ばした分も載せておく


f0329602_21491976.jpg



こっくりした紫色なのに
今見るとなんとなく涼しげに見えるのはなぜだろう?


これを買ったのは2週間くらい前のことだけど
もう2か月くらい季節が進んだようになっている


今年の秋の訪れは急激過ぎます
秋を味わう間も無く気温はもう冬🌁













[PR]
by urara_felt | 2017-10-19 14:10 | | Comments(0)

革の花


リスくんたちの壮大な(になってしまった)シリーズを終えて
なんとなく気が抜けてしまい

ネタはあるけど何からアップしたらよいかわからない状態105.png



まずは革のハギレで作ってみたコサージュを


f0329602_22011430.jpg



材料はこんな感じ



f0329602_22004770.jpg



革のハギレ…
オーダーでバッグや靴を作る店などの店先に売ってます



これでよく人形たちのバッグを作っているのですが
今回は自分用にコサージュを作ってみました


まずは花びらの形に6枚カットして…

少し色が欲しかったので縁をマニュキュアで彩色

フラワー資材の花芯を2種類を用意して

この後ビーズワーク用のシャワー台に糸で留め付けていきました


今回革縫い専用の針を使ったので切れ味抜群でしたが

革を縫うのは力が必要なのでコントロールが難しく
ちょっと怖い119.png、かなり怖い💦


やはり慣れてないためか革は扱いにくく

最後はボンドの力を借りました


革縫い…もっとマスターしたい101.png
ちょうどよいワークショップとかあったら参加したいな
木工にも興味あります

全ては私が作る人形の世界の小道具として極めたいから…なんです

とりあえず今はフェルトのタペストリーの鍛練に励んでいます166.png

これも自分の人形たちの世界の背景とするため


自分の世界観を作り上げるためには努力を惜しみませんが
技術のアップには時間がかかりますね🌀
なかなか満足する仕上りになるには長い道のりです~




178.png178.png178.png




気を取り直して…
出来上がったコサージュを帽子に付けたらこんな感じ



f0329602_22014629.jpg





ゴブラン織りのハットに付けたら
まるで最初から付いていたようにピッタリでした113.png


…というか帽子を買ったのが先で
これには革のコサージュが似合いそうと作ったのが後なのでした









[PR]
by urara_felt | 2017-10-18 10:07 | ハンドメイド | Comments(0)