<   2018年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧


ソウシチョウ 相思鳥



こういう名前の鳥がいることを最近知りました




秋の渓谷と鳥というこで検索して作った作品は
(Googleさん、いつもお世話になってます106.png)


五色の森にモノトーンのセキレイということで完結していました




f0329602_16430197.jpg



はずでした…




でも作品タイトルを考える段階になって
どーしても思い付かない💦



そこでもう一度、秋の渓谷と鳥で検索したところ



相思鳥という名前の鳥がいることを知りました
知ってしまいました



見た目も可愛いじゃない💕


ということでセキレイから相思鳥へダイへンシーン❗





f0329602_16303620.jpg


どこがどう変わったかは間違い探しのようで110.png


そしてタイトルも決まりました❗
「五色の森で語らう相思鳥」




セキレイさんにはごめんなさいです…









[PR]
by urara_felt | 2018-11-30 12:20 | 和の花といきものたち | Comments(2)

「桜の園に遊ぶ」


今回の作品展のDMに用いた作品は
全体が112cm×94cmで今回の作品の中で最大です



f0329602_16434136.jpg




この作品のベースになったマットは
吉祥寺のフェルト店、アナンダさんで作りました


その時の記事がこちらです

https://koimourara.exblog.jp/26456707/
なんと2016年の10月のことでした146.png


これだけの多きなマットを一人で作るのは難しいので

これ以降は一人で作れるサイズの物になりました




このマットは2年間作り続けてきたのですが
ずっと悩みがありました


最大の作品=核になる作品 としたいのに
なんとなく大きいだけで散漫な感じがしていたのです

色も単調だし…


タイトルを「和の花といきものたち」と決めてからも
この作品にはどんないきものが合うのか思いつきませんでした



絵の題材にしたのは吉野の桜だけれど現実の吉野山ではないし
なんとなく桃源郷のような
こんな野原があったらいいな~と考えていたら

ふと白うさぎが頭に浮かびました179.png



それがきっかけでそれまでくすぶっていた作品展開催に向けて

私のなかでゴーサインが灯ったのでした110.png




f0329602_16283239.jpg


f0329602_16301923.jpg






[PR]
by urara_felt | 2018-11-28 11:39 | 和の花といきものたち | Comments(0)


作品展の案内状が出来上がってきました🎵


f0329602_16293726.jpg




過去の作品展では人任せにしていた案内状
初めてすべて一人で作業しました106.png



11月はいろいろと忙しかったので…

着物で美術館へ行ったり、旅行に行ったり…
のんびり遊んでいるようでしたが

美術展は前売りを買ってあったからとか
旅行は作品展を決める前からすでに決まっていたとか

遊びの行事だけでなく
急遽決まった実家の改装工事だとか、父の法事だとかもあって


なかなか気持ちが作品展に向きませんでしたが
ここへ来て一気に焦ってきました


今週末はもう12月⚡


残りの期間、作品展に向けて気持ちを集中です101.png



以前に作品展に来ていただいた方で住所のわかる方には
順次案内状をお送りします








[PR]
by urara_felt | 2018-11-27 14:33 | 和の花といきものたち | Comments(0)

メガネ地蔵とアフロ地蔵


今回の旅行で可愛いお地蔵さん2体に出会いました113.png


ひとつは前の記事でも紹介したアフロ地蔵



もうひとつは近江路の永源寺のメガネ地蔵です



f0329602_21140137.jpg




これは急な石段の途中にあって
私は夢中で歩いていたため写真を撮れず
前の記事にアップすることができなかったのでした105.png



でも可愛いのでどうしても載せたくて
同行者の夫に画像をもらって旅行番外編として紹介162.png



京都の金戒光明寺のアフロ地蔵ももう一度


f0329602_20580022.jpg






(注)当然のことですが
このお地蔵さんたちの本名はメガネでもアフロでもありません105.png



[PR]
by urara_felt | 2018-11-26 08:43 | お気に入り | Comments(0)

紅葉を求めて②京都編


2018年秋の旅行3日目は京都です


くろ谷さんと呼ばれる金戒光明寺が特別公開をしているので行きました



f0329602_20554398.jpg




ここでもまず石段登り


連日の山寺の石段登りで目が慣れたせいか
整備された石段を見ても拒絶反応はなく
「昨日もできたので今日もできる」という妙な自信166.png

これはもう旅行というよりトレーニングか105.png


そして特別公開の一つの山門へは両手でロープを掴んで急階段を登る…
私の場合、着物で優雅な旅行というのはあり得ないようです141.png


もう1つの特別公開の御影堂の中では運慶作といわれる彫像や
若冲作といわれる群鶏図を間近で鑑賞したあと、お庭へ


美しいお庭でした💕



f0329602_20572915.jpg





三重塔へ上る石段(❗)の途中にあるアフロ地蔵は最近人気らしい101.png


f0329602_20580022.jpg




f0329602_20583196.jpg




金戒光明寺の裏から真如堂へ抜ける道は人影もなく静かに散策できました




今回の旅で最高だった真如堂のもみじ169.png



f0329602_20590132.jpg




年々観光客が増加する京都
京都駅や四条通の混雑に辟易し、もう京都はいいやと思ったりしますが


朝早く出かけたりルートを工夫すれば
まだまだゆっくりできる場所もあると思いました


ガイドブックのすみっこだったり、たまたま読んだ小さな記事から

お気に入りポイントを発掘する楽しみがありますね







もう京都駅のJR伊勢丹はクリスマス


f0329602_20592684.jpg






[PR]
by urara_felt | 2018-11-25 09:36 | イベント | Comments(0)


今年の秋の旅行は滋賀から京都を巡りました


まずは米原駅で新幹線を降りて周遊バスに乗り
湖東三山の三寺(金剛輪寺、西明寺、百済寺)プラス永源寺へ



f0329602_20355526.jpg




f0329602_20370636.jpg



交通の便を考えて個人で回るのは大変だと思い
周遊バスに乗ったのですが…

それはそれで大正解だったのですが…

どのお寺も門から本堂まで100段以上の急な石段が
もれなく付いてきました135.png

それも整備された階段ではなく荒削りの石段

本堂へ行くためには…上るしかないし…
足元ばかり気にして写真を撮る余裕すらありませんでした137.png


紅葉は…血染めのもみじといわれるほど赤一色ではありませんでしたが
五色に染まった山寺らしい風情がありました


永源寺は茶店なども並んでいて一番観光地っぽく賑わってました



f0329602_20372780.jpg





2日目はこれも楽しみにしていた琵琶湖クルーズにて
日本遺産 竹生島へ

竹生島は琵琶湖に浮かぶ小島の一つでパワースポットともいわれ
宝厳寺と都久夫須摩神社があります



やはりここでも125段の石段



f0329602_20380538.jpg



あいにくのお天気でしたが幸いにも島に滞在した一時間は降られませんでした

なんとなく雲までも神々しいな…


f0329602_08300590.jpg





連日の石段登りで疲れた体に癒しの宿のぬいぐるみ162.png



f0329602_20382547.jpg





さて3日目は京都です







[PR]
by urara_felt | 2018-11-24 09:54 | イベント | Comments(0)

紅葉とサンクスギビング


あっという間に晩秋の様相になってしまいました
11月下旬の雰囲気の着物を着ました


f0329602_18363603.jpg




七面鳥はサンクスギビングとかクリスマスを連想するので
洋風なイメージがありますが帯にもあるんですね


家には2羽の七面鳥がいます
あ、フェルトで作ったのもあるから3羽です🎵


可愛い子をみせたいのはやまやまですが
例によって羽織を着てしまうと中に隠れてしまいます


f0329602_08565904.jpg




羽織に柿がいるので帯留めも柿にしました


f0329602_15110198.jpg




メノウの柿はじっくり熟れていて美味しそうです162.png




この日のお出かけは国立新美術館の「東山魁夷展」


唐招提寺御影堂の障壁画をずっと見たいと思っていたので
今回現地の部屋が再現されていて感激でした


でも…できれば現地で見たい





[PR]
by urara_felt | 2018-11-20 12:58 | 着物 | Comments(0)

鶏頭の海を泳ぐ


作品展用のタペストリーです

作品展の時は正月から順に四季の作品を展示しょうと考えておりますが

ここではまず旬の作品から紹介します


秋まっさかり


f0329602_18355698.jpg



これ、いつか前に部分だけアップしたことがあったかもなあ~



葉鶏頭です110.png




事前にこの作品画像を見せた知人の反応は

「何これ?」



モソモソの妖怪ですよっ⚡と開き直ってみたものの…



葉鶏頭に見えるように修正しました



手直ししたら葉鶏頭に見えるようになったかなあ








[PR]
by urara_felt | 2018-11-17 21:17 | 羊毛フェルト | Comments(0)

薔薇と猫と天使


辛子色に大きな薔薇の小紋を着ました

辛子色×黒ではない墨黒のような色
この着物、色実が少ないのが難しいのかコーディネートに迷っていたのです


先日の着物の整理の際に
たまたま隣にいた帯とハギレがピッタリだったので閃きました113.png




f0329602_22125334.jpg




どっちも長くうちにいたのにやっと出会いました162.png




徹底的に色味を統一



f0329602_22190587.jpg




こんなちょっと粋になりそうな半襟も
私がすると絶対粋にはならないので安心して使えます105.png





前には猫が出ないので天使を持ってきました



f0329602_22130783.jpg




羽織を着たので猫は中に隠れてしまいましたけど~105.png


出かけた先は六本木ビルボードのセルジオメンデス169.png
ブラジル風ではないけれど洋風に仕上げたのでした

今度ブラジル風というのも試してみたい102.png



177.png




ところで、この日ではないのだけれど
先日久しぶりに「お直しおばさん」に遭遇しました


羽織の襟がうまく折れていないことに出先で気づき
トイレの鏡で直していた時のことでした



(注)お直しおばさんとは…
主にホテルやレストランのトイレに棲息し
着物を着ている人を見つけるや背後より近寄り
いきなり無言で帯などを直す人のこと

驚いて振り向くと圧倒的に親切そうな笑顔で自分の行為を正当化する
そして必ず本人は着物は着ていない


類義語に「着物警察」という言葉があり
それは着物を着ている人のコーディネートや着方を批判する人のこと

若い人の中にはせっかく着物に興味を持っても
それで着物を着ることをめげてしまうこともあるらしい



いつかお直しおばさんをぎゃふんと言わせてやりたいと思いつつ
いつも驚いて唖然としているうちに
その親切そうな笑顔にやり込められてしまうのでありました120.png











[PR]
by urara_felt | 2018-11-14 22:45 | 着物 | Comments(0)


タペストリーより小さめのピクチャーです


初めての静物画に挑戦
秋の果物モチーフです169.png



製作過程を段階を追って




最初は何だか白いモクモクとした固まり



f0329602_21414219.jpg



左手前は柘榴
右手前はイガ付きの栗
奥中央は無花果


果物の中でも少し和風な物を選んだ理由は…


柘榴のツブツブ❗

栗のイガイガ❗

無花果の種❗


ただもうそれを作りたい一心104.png


f0329602_22064619.jpg





いつもながら石橋を叩く前に渡り始めてしまうので

下描き、下地練習は無く即本番💦


作りながら栗のイガイガをどう表現しようかと

考えるだけでワクワクする💕



ちょっとずつ進んでいます🎵




f0329602_12205067.jpg





順調順調🎵
完成まであと一歩です





f0329602_08463242.jpg




光と艶を足して出来上り💕



f0329602_12371496.jpg





アンティーク着物でも人気の果物柄です
どうも私の発想はそこから来ているようですね





こちらの作品も
「羊毛フェルトで描く和の花といきものたち」で展示します











[PR]
by urara_felt | 2018-11-13 12:54 | 羊毛フェルト | Comments(0)