人気ブログランキング |

タグ:アンティーク着物 ( 182 ) タグの人気記事

JAZZYな夜に


渋谷オーチャードホールで行われたダイアナ・クラールを聴きに行きました


ジャズを聴きに行く日の着物…と考えて選びました




f0329602_07475777.jpg





模様がJAZZYでしょ、SWINGしてるでしょ169.png



この着物アンティークの一つ紋の訪問着…になるのでしょうか

帯は現代のファブリックのアフリカンプリントで作ってもらった名古屋帯

一つ紋の訪問着に綿の帯を合わせるという無茶ぶりですが
違和感なく合ってしまうところがアンティークの度量の深さ162.png


この日は珍しく道ですれ違った人に素敵ですねと声をかけてもらいました110.png
アンティークの訪問着にアフリカンプリント、OKってことですね127.png





f0329602_07460032.jpg




帯揚げ、帯締めはいろいろ考えて青が一番しっくりきた感じでした

黒くなり過ぎないように半襟をいつもより多めに出しました
ちょっとどぎついかなと思った黄色がぴったりでした



f0329602_07452306.jpg




私にしては濃ゆ~い組み合わせですが、普段しないだけに特別感が出ますね162.png



久しぶりのコンサート169.png




ダイアナ・クラールは黒のタキシード風スーツのイメージが強かったのですが
この日は赤と緑の花柄のロングドレスでした

でもどんなにフェミニンなドレスに身を包んでも
ハスキーヴォイスとマニッシュな歌い方は健在169.png


アレンジの音が洒落ていて心地よく最高でした



by urara_felt | 2019-11-07 22:08 | 着物 | Comments(0)

赤と黄色の秋色着物


11月に入りいよいよ秋が深まってきました


今回は山や木が描かれた黄色い着物に
こっくりとしたえんじ色の羽織を着ました


羽織にこっそりとリスがいるのです162.png


f0329602_18454782.jpg




いつもは一人で行動することが多いので全身像が無いのですが
今回は皆さんと待ち合わせてお出かけしたので写真を撮ってもらいました



f0329602_18455777.jpg





お出かけした先は文京区肥後細川庭園 松聲閣で行われている
「邸宅で見るアンティーク着物展」



f0329602_18471191.jpg




もう7回目になるんですね
協賛店も多くなってますます充実した感じです




by urara_felt | 2019-11-03 23:08 | 着物 | Comments(0)

それいゆ礼賛


中原淳一氏のそれいゆの生地で作ってもらった帯を着ました


f0329602_19412015.jpg




結構合わせる着物に悩みそうな色と柄ですが
ぴったりのアンティークボーダー小紋を持っていました



…というか
この生地を見た時に脳裏にこの着物のことが浮かび
合うんじゃないかな~と閃いたのです


予想通りでした102.png

この柄は全部で4色の地色の生地が売っていたのですが
赤ベースの生地とグレーベースの生地の2種類を選びました


赤だけだと強くなり過ぎそうなのでグレーで緩和したのです




f0329602_19423536.jpg




とても上手く繋いでくれたので違和感ないですよね~162.png


実際に着用したら平置きの時と比べて前柄はグレーが多く出てきました🎵



f0329602_19414106.jpg





by urara_felt | 2019-11-02 20:23 | 着物 | Comments(0)

スターな紬とアースな帯


大好きな星柄の紬を着ました

帯は宇宙船やロケットや地球など177.png



f0329602_21504358.jpg




着物はアンティークというほど古くはないけれど
淡色ゆえかアクがひどくて目立つので染み抜きをしてもらいました


そうして蘇りました162.png
この帯と合わせたかったのでどうしても復活して欲しかったのです


着物は単衣、もう駆け込みね💦
って9月末じゃなく10月末なんですけど~105.png
幸い暖かい日でしたから単衣でも大丈夫でした

それが異常なんですけどね118.png



帯は男物の長じゅばんを解いて名古屋帯にしてもらいました


f0329602_21565662.jpg




初めて宇宙柄を見て感動して買ったのですが
その後似たような図柄を何度か見たので
当時から宇宙への憧れがあったんですね~

この襦袢が作られたのは昭和30~40年代かしら


人類が月に行ったのか行く前なのか

ちょっと定かではないけれど…







日差しも強いしせっかくだから星座の日傘を持ちましょうか🎵

この日は大荷物だったので大きなトートバッグを持ちましたが
自分でアップリケした銘仙モチーフがヘリコプターだったのは偶然です


ちょっとやり過ぎか…106.png




f0329602_21544275.jpg




さあ、これで思い残すことなく袷に移行できますワ109.png






by urara_felt | 2019-10-29 12:24 | 着物 | Comments(0)

本物とよい物と好きな物


最近は店頭でもネットでもあまりアンティーク紬を見なくなりましたが
私が着物を集め始めた20年ほど前には今より売っていたので

大島だの黄八丈だの久米島だの…だのだの喜んで買ってました



アンティークかどうかは紅絹が付いているかどうかの判断だけでした

当時はアンティークの物は特別高くもなかったからなあ…


そんな初期の頃に
「これは珍しいアンティークの黒八丈だから持っているとよい」

と店で薦められて買った着物

黄八丈は知っていましたが黒八丈は知りませんでした

これホンモノかなあ~と長年疑問に思っていたのですが
先日詳しい人に聞くことができて、まったく違うということが判明しました😱


やっぱりね…
偽物掴まされて頭にくるというより長年の疑問が解けてスッキリした感じ😅



いや、20年経った今だって
これは本物の黄八丈かと言われたら自信がない💦
まして本場物かどうかなど


でも本物かどうかは別としてよい物かどうかは触ればわかります☺️


糸の細さやしなやかさ、光沢感など…
さらに縫製も丁寧であれば上質の生地であると推測されます


でも~
上質ではなくても好きな物はあるんですね105.png


ぺらっぺらの平絹
いかにもギラギラした化学染料

さらにサイズもちっちゃくって染みがあっても好きな物は好き162.png

いや逆に人から褒められるのはそっち系であることも多いのです



上質の物でなくとも人々の手を渡って来た物には

何か人を惹き付ける魅力があるのだと思います


それと素性も育ちも悪くても可愛がってあげると輝くのかもしれませんね113.png







さてとこの2枚



f0329602_11051295.jpg








左は黄八丈かもしれないし黄八色のただの紬かも
右も結城縮かもしれないけどただの縮の着物かもしれない

どちらも紅絹が付いているので古いものであることは確かとは思います😅


袖丈が短かったのでなんとなく着なかったのですが
先日袖裏に長く織り込まれていることに気づきました🎵

袖丈を長く直して着ることにしましょう




クロハチ(風)の着物は自分に似合わなかったので手放しましたが
この2枚は好きなので直して手元に置いておくことにしました


結局、好きが大事162.png



by urara_felt | 2019-10-25 11:51 | 着物 | Comments(0)

秋の花に秋の虫


10月の初めに着た着物です

気温が30度近くあったのでまだまだ単衣です



グレーの地にホタルやコオロギなどの

たくさんの秋の虫が手描きされた着物です



f0329602_22200350.jpg




帯はケイトウや菊の花などの秋の花の刺繍
状態が悪かったので別布で縁取りして仕立て直してもらって

甦りました~113.png



f0329602_22191104.jpg



この日も黒の紗の羽織でお出かけ


レトロな木のハンドバッグを持ちました


f0329602_22180751.jpg







お出かけ先は東京美術倶楽部の東美アートフェア



f0329602_22314840.jpg




高級高額の名品がずらりと並ぶ展示で目の保養162.png

毎年行ってますが
お客さんも店員さんも目の肥えた方が大勢いらっしゃるので
着物で行く時はちょっとキンチョウーします119.png


でも今年は暑い日だったためか
渋い紬に正倉院柄の帯を締めたマダム群は見かけませんでした💦



そうそう買える値段の物は売っていないので安心して見れるのですが
それでも毎回通っていると数年に一回くらい掘り出し物を見つけます





最近時々アップしている塗りの月の20枚セットはそのひとつです

やはり10年くらい前に買った塗りの10枚組小盆とともにお気に入り❤️




f0329602_22205416.jpg





あ、手前のウサギの一輪挿しは違います
ヤフオクでセンエンだったもの…128.png





by urara_felt | 2019-10-15 12:07 | 着物 | Comments(0)

台風が来るぞ~


台風が来るぞ~


そんな会話をしているかはわかりませんが
上へ下への大騒ぎのスズメたちです



f0329602_18022935.jpg





f0329602_18031902.jpg




まだ単衣を着てます
麻の長じゅばんに単衣にレース羽織で体感的にちょうどよい感じ109.png




f0329602_21543412.jpg



着るもののことだから
本当は個人の体感で何を着てもいいはずなのに

着物の場合は「まだ単衣着てます」ってなんだか言い訳するのは
なんか変ですよね~



さて今季2個目の猛烈な台風が関東に接近中です❗

冗談じゃなくまじ恐ろしいです









by urara_felt | 2019-10-10 08:24 | 着物 | Comments(0)

赤い稲穂とかかし


今回の着物は赤系の組み合わせです


好きな赤です❤️

何て言うのだろう

ルビーレッド?トマトレッド?和名はなんだろ?





f0329602_11150241.jpg





赤い絽の生地に染と絞りの赤いやっこさん
刺繍も入ってます162.png


なかなか着物合わせの難しい帯なんです💦
単色だからかな


着物は細い竹縞なんでしょうか…

私のイメージではこれは絶対「つぶつぶイチゴ」でした🍓
なのでイチゴの帯との出番を待っていたところだったんですが…

急遽閃いて「稲穂」に変身しました🌾




前は露芝と竹とんぼ



f0329602_11151439.jpg






赤系でも着物と帯のトーンがいっしょだったからそんなに派手にはならず
このままでも平気で外を歩けちゃうけど~


黒い羽織を着たら気分的により安心でした110.png



f0329602_11143907.jpg





by urara_felt | 2019-10-08 12:18 | 着物 | Comments(0)


まだまだ暑いけど、真夏よりは多少ましになったので

ベージュの単衣にウサギの帯を着ました



f0329602_19204831.jpg




着物はジョーゼットよりはやや厚めの生地で桔梗の花が刺繍されています


だいぶ前から持っていてお気に入りだったのですが
なんとなく今まで着こなす自信がありませんでした


でもこの帯に出会って
どちらも単独では派手でなく、目立つわけではないけれど
二つを組み合わせると相乗効果で

とても印象深く素敵になることを発見しました❤️



f0329602_19185948.jpg






やや小さめのウサギさん

どーんと存在感のあるウサギの帯は催事の度にお宝人気だけど


こんな小ぶりでシルエットのウサギも愛らしいね162.png




いつも使っている(付けたままなんですか…)

ブルーのストライプの半襟も合いますね🎵
朝晩は涼しかったので羽織を着ました







by urara_felt | 2019-10-04 12:09 | 着物 | Comments(0)

秋の白鳥


ここのところ嬉しいことに着物を着る機会に恵まれていたので順に…



ところで白鳥の季節っていつなのでしょう


着物の世界ではわりと夏の物が多いですが
実際に白鳥が日本に飛来するのは秋から冬にかけてですよね


ダカライイカナと思って109.png
ダークブラウンの着物に合わせて秋の白鳥を表現してみました


着物は縦絽に流水と撫子の裾模様です
絽目が小さくて目立たないから単衣のようにも見えます
一つ紋の色留です



f0329602_21083753.jpg




この爽やかな水色の帯が映える色についてずっと悩んでいました

(しあわせな悩みですね💦)

それともうひとつ

私の一番のお気に入りの半襟を活かしたいというのもありました



f0329602_22073654.jpg



夏だったら白か深い藍色が合うでしょうか

…でもしっとりと着たかったので…


ダークブラウン×水色
チョコミント的な組み合わせです162.png




f0329602_21081755.jpg



夏着物、特に水に関する模様はどうしても青系が多いので


ダークブラウンで流水は珍しいし
しかも帯の前柄とリンクするように撫子の模様が入っているところもツボでした162.png





出かけた先は弥生美術館


f0329602_22061898.jpg




竹久夢二や高畠華宵などの叙情画をアンティーク着物によって再現し
さらに別バージョンのコーディネートを展示した面白い企画でした


私も一つ紋の色留を普段に着ているわけですが

昔の人たちも自由に着ていたようですね🎵




f0329602_22065174.jpg



着物を自由に現代風に着こなすことは大賛成だけど
ただルールに縛られないだけではなく
一応ルールを知ったうえで崩してほしい…と思うのです


品を落とした着こなしは本人の品格を落とすだけでなく
着物の品まで落としてしまうので
それは着物を愛する人間としてとても残念です


自分もコーディネートを考えるとき
いつも着物が一番映える方法を考えてあげる

あ、それは自分で作った作品を展示する時と同じ姿勢かもしれないです









by urara_felt | 2019-09-30 08:30 | 着物 | Comments(0)